2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 岡山/井原 鏡獅子の奮迅 | トップページ | 岐阜/郡上 長良川in北濃 »

2014年9月 9日 (火)

徳島/吉野川 鴨島駅前の時の移ろい…

徳島県吉野川市、JR鴨島駅からの歩き旅です。

(2009年8月当時)

●最後まで残った

空海の道、という看板が駅前に出ていました。

これがここのモデルハイキングコースというところでしょうか。

四国八十八か所のお遍路道なんですが、左は第十番・切幡寺~第十一番・藤井寺のルート、右が第十一番・藤井寺~第十二番・焼山寺のルートとなっており、所要時間は左が徒歩約二時間半、右が五時間だそうで、右については「健脚」とカッコ書きされていました。こういうチャレンジもいつかしたいなと思います。暇があったら…ですが。

ちなみに看板タイトルの「最後まで残った」とあるのは、約1200年前に弘法大師・空海の歩いた自然がそのまま残っている唯一の遍路道である、という意味だそうです。

Himg0076

●駅前道路

駅から伸びている歩道部分屋根つきの商店街です。

提灯がぶら下がっていて華やかでした。人通りがそんなあった訳ではありませんが。

歩道上の屋根の縁の分厚さに昭和を感じますね…

Himg0079

●「ん」が外れたまま

はん(印章店)かぱん(パン屋さん)か分かりませんが、窓の上にひらがなの跡が見え、その二文字目の「ん」が落ちて、窓の手すりに引っ掛かったまんまになっていました。こういうの見ると、この「ん」はいつここから解放されるのかな?と考えてしまいます。自然現象によるものか、解体までないのか…。

Himg0080

●駅前通り 進む

とこんな感じです。

たまたま店が入っていない所のカットとはなりましたが、この奥がそんなに活気があるという感じではなかったです。街灯や立ち並ぶ提灯は華やかで賑やかさすら感じさせてはくれますが。

Himg0103

●銀座商店街

これも鴨島駅前の商店街ではありますが、駅前通りが駅からまっすぐ伸びいてるのに対し、こちらはやや左から伸びた通りで、屋根つきのアーケード商店街です。

Himg0081

●銀座商店街をゆく!

銀座という華やかな名のついた商店街ではありますが、中を通ると…

道幅の狭い、シャッターで閉ざされた店の多い、いかにも昭和感丸出しの商店街でした。

これでも昭和30年代は行き交う人々で溢れ、それこそ「袖摺り合う」程であったといわれますが、この時はホントにポツンポツンと数人程度の人影があった感じで、店に寄る人は皆無という状態でした。

Himg0083

●更に

進みました。

天井の電灯の並びや骨組みにも昭和が存分に感じられました。

駅前商店街にしてゴーストタウンの様なこの雰囲気、鴨島で2つ大きな印象に残ったもののうちのひとつです。旅する者としてはとっても好奇心のわく空間でした。

Himg0084

●電器点看板

鴨島のこの商店街自体が印象大だった訳ですが、その中でもどれかひとつ挙げろと言われたら、この看板を挙げます。

昭和の右肩上がりの時代の息遣いが今にも聴こえてきそうなぐらい、よくこれを保ってくれているなと思いますね。上の写真の左向こうに写り込んでいるものです。

Himg0102

●郊外の昭和

銀座商店街を100mあまり歩いて抜けた後、左折して県道239号へ。

これをまた100mあまり歩いた所の角にあったこの家屋、これが鴨島で大きな印象を与えられた2つのうちの2つ目です。この家屋の寂れ、放置具合がなんともたまりませんでした。

旅館富士屋本家とあるようですが現在あるのは「ふじや本家旅館」という事ですが、冒頭の方でお届けした「藤井寺」にある、お遍路さん向けの旅館のようです。いつ頃の築かわかりませんが、この家屋はとにかく素晴らしかったです。

Himg0091

●自販機

上の写真の建屋の前にあった自販機、ひとつの自販機に5~6種類ほどしかなかったのも昭和らしいですね。500ml以上とかなくて、250~350mlが主流だったりとか。だいたいが100円で買えるものだったんですよね。分かりやすい時代でよかったな、と今でも思います。

Himg0097

●小道に並ぶ…

スナック街的なエリアもありました。

仕出しのお店も昔ながら感満載でした。

Himg0085

●文楽通り

との表示のある通りです。これもまた小道という感じの所ですが、旅館があったりしました。これが現役なのかどうか確認はしていませんが…。

それにしても昭和感がこんなに満載な市の中心地駅前も素晴らしいな、という印象でした。それも取ってつけたものではなく、しぜんにそのままそこかしらが昭和…としいう駅前なだけに尚素晴らしかったです。

以上、吉野川市一旦ここまで。

Himg0086

« 岡山/井原 鏡獅子の奮迅 | トップページ | 岐阜/郡上 長良川in北濃 »

36徳島県」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鴨島駅前に来られたのですね!!
鴨島駅は今でも、朝夕の通勤時間帯はたくさんの人で溢れかえりますが、それ以外の時間帯は本当に閑散としています。

ちなみに記事にあった自販機を含む古民家は数ヶ月前に小学生による放火で全焼したんですよ〜

ポンダ宮さん

コメントありがとうございます。

この古民家全焼したんですか??それも数か月前??
いつまでも残っていてほしかった建物でしたが…

徳島県で最初に鉄道ができたのが徳島~鴨島間です。
そして、かつては片倉製糸と筒井製糸の大きな工場があり製糸業で栄えた町です。

昭和30年代、銀座通りはにぎわっていました。町で最初にスーパーマーケットができてよく買い物に行きました。映画館も2軒ありました。

秋には菊人形展があり、郊外には江川遊園地もありました。江川の湧水は日本100名水に選ばれています。

駅前通りは確かにすたれていますが、繁栄の中心が国道192号線沿線に移ったためです。
鴨島は吉野川市の中心として、そして商業の中心として発展しています。 
大型店が国道沿いに連なっています。

夜明け前さん

コメントありがとうございます!

そうだったんですね、昔繁栄したであろう雰囲気は感じ取れたんですが、遊園地まであったとは…。往時の名残りは感じましたが、リアルで繁栄していた頃を見てみたかったです。

また徳島で最初に鉄道ができたところでもあるんですね。色々な情報を頂き、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218696/57305949

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島/吉野川 鴨島駅前の時の移ろい…:

« 岡山/井原 鏡獅子の奮迅 | トップページ | 岐阜/郡上 長良川in北濃 »