2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR湯沢駅 (秋田県湯沢市) | トップページ | 山形/寒河江 歩かない旅 »

2015年1月18日 (日)

JR二田駅 (秋田県潟上市)

秋田県潟上(かたがみ)市のJR二田(ふただ)です。

潟上市は秋田県の北西部、男鹿半島の付け根に位置し、人口は33,313人(2014.12.1現在)で、旧南秋田郡の天王町、昭和町、飯田川町が2005年に合併してできた市です。潟上の「潟」は八郎潟に由来するといいます。

-JR二田駅
【路線】JR男鹿線(追分-男鹿間)
【開業】1913年11月9
【訪問】2014年12
【1日あたり平均乗車人員】 386人/日 (2013年)
【近隣の主要駅(追分方面)追分駅→3駅、秋田駅→6駅
           (男鹿方面)男鹿駅→5駅

●駅名標周辺

「にだ」ではなく、「ふただ」と読みます。長野県の主要駅にあるような写真込みのユニークな駅名標でした。

2014年最後に訪ねた新規訪問市がここ潟上市であり、またここの到着を以って秋田県の全市訪問達成ともなりました。

秋田市と男鹿市を結ぶJR男鹿線に属する途中駅ですが、それ故か秋田や男鹿に行く事はあっても、時間の都合等でここにはなかなか寄れずにいました。ちなみに路線しては追分駅からとなりますが、これより手前に外れる秋田駅から直接乗り入れをしています。

Dsc06306

●ホーム

屋根のある部分は殆どなく、市内型の待合室と改札への跨線橋が隣接する形なっています。

ホームは1面2線で、このホームのみで、跨線橋がつづれ折りながら改札へ行き着く構造なっています。

Dsc06312

●待合室内

こうして室内型の待合室がありますが、沿線では珍しく、途中駅では唯一の市の中心駅という事もあるのでしょう。

ちなみにここの旧自治体は天王町で、隣に天王という名の駅がありますが、中心駅としてはこの二田の方になります。

Dsc06308

●跨線橋内

ホーム同士ではなく、改札とホームをつなぐ跨線橋です。

やや狭めの通路で、茶色の木目に四角い窓枠のシンプルなもので、掲示物はありませんでした。

Dsc06314

●ホーム俯瞰

Dsc06316

●駅前風景

駅出ての目線です。

駅前広場はスペースだけでロータリー状にはなっておらず、ようこそ潟上市へ的なものも見受けられませんでした。

駅前の通りは閑散とした感じですが、市役所はかなり近くにあり、郵便局などもこのエリアにあります。ただ寄れるような所は見られず(とりあえずコンビニは見受けられず)、駅前はちょっとだけ歩いてタクシーで他の所へ旅する事へとシフトしました。

Dsc06317

●二田駅 駅舎

非常に小さな駅舎です。ただ市の中心駅らしいところとして、出入口上の三角屋根がそれをほんの少し主張しているようにも見えます。

タクシーは1台だけ停まっていて、この時お客さんが乗ったら居なくなり、次自分が乗りたいのに…と焦りましたが、程なく来てくれてホッとしました。

ちなみにタクシーで向かった所とは…「道の駅てんのう」です。隣の上二田(かみふただ)駅の方が近いですが、こっからだとタクシーで1700円くらいかかりました。ちょっとしたタワーなどもあるので、観光のし甲斐はあると思います。

Dsc06318

« JR湯沢駅 (秋田県湯沢市) | トップページ | 山形/寒河江 歩かない旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

05秋田県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR二田駅 (秋田県潟上市):

« JR湯沢駅 (秋田県湯沢市) | トップページ | 山形/寒河江 歩かない旅 »