2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 高知/南国 散りばめられたキャラ | トップページ | タイ/バンコク⑤ Sathorn港から川をゆく!(前編) »

2015年8月15日 (土)

大連地下鉄/機場駅 (中国/大連市)

中国/大連市の大連地下鉄/機場駅です。

-大連地下鉄/機場

【路線】大連地下鉄2号線(港湾広場-辛寨子間)
【開業】2015年5月22日?
【訪問】2015年8月 
【近隣の主要駅 (港湾広場方面) 西安路駅→8駅
           
(辛寨子方面) 辛寨子駅→隣駅 

●駅舎

今回記事は駅舎から入りますが、大連周水子国際空港直結の地下鉄駅で、空港建屋内から地下へのエスカレータでもアクセス可能ですし、空港のドアを出てからでは、空港にそってそのまま歩いていく形でも、このようにアクセスできます。

Wikipediaでもまだこの地下鉄が「建設中」とあり(文面中に試運転の旨記述はありますが…)、そんな中で新鮮なうちに訪ねる事ができたのは大変嬉しい事で、またこの開業したての地下鉄を利用する事が、今回大連を訪ねた目的の大きなひとつではありました。

そんな訳で、この階段を下りていくと地下鉄へ辿り着きます。これまではタクシーや少し離れた所にあるバス利用でしかできなかった市内へのアクセスがこれで飛躍的に向上する、のでしょうか。この時でもここからの駅利用者は大変少なかったので、現時点では未知数ですが…。
P1010643_2

●ホーム

駅入口からいきなりホームの写真へ飛びましたが、この間は、地下への階段を下りて行って、改札口の手前に手荷物検査場がありました。空港とおんなじです。

複数の職員が構える中を、ベルトコンベアに荷物を置いて通し、自身も金属探知のゲートを通るというまったくの空港と同じ厳重さでした。ここを利用する人が少なかったので、前の人がやるのと同じようにしようと思い、利用者が来るのを待ち構えていました

ゲートを通り、荷物を取った後、ようやく切符購入の流れとなります。

区間により1元~8元くらいまで?のような料金体系で、使用できる紙幣が限られていたと記憶していますが気をつけた方が良いと思います。たしか紙幣は10元札以下でないと使えなかったと。中国人民元は100元から50・20元…とありますが、これらは使えなかったと思います。(1元硬貨はOK)

そういえば1元って硬貨もあり、紙幣もある、という不思議な状態でした。

ホームはさすがに開業したてでピカピカでした!人は怖いぐらいまばらで、使っていいのかな?とも思わされましたが、中心街に近づくにつれ、利用者が増えていったので安心しました。

P1010645

●単程票

1回券を意味しますが、これが大連地下鉄で購入したチケットです。

券売機での操作手順は

①路線図が表示されるので降りたい駅をタッチ

②枚数を聞いてくるので、表示された数量をタッチ

③必要な金額が表示されるので、紙幣or硬貨を投入

しばらくすると、このチケットとお釣がある場合は一緒に出てきます。紙幣のお釣は一緒に出てこずに、紙幣投入口あたりに出てくるので要注意です。

こうやって一回ごとに買うより、日本のSuicaのようにチャージできる「明珠カード」というものがほしかったのですが、駅では買えずどこに売ってるかよく分からずじまいで、その点色々面倒でした。

まだ地下鉄は利用者数が少ないので、そんなには困りませんが、快軌3号線などのようにいつも人が並ぶ所では、この事を痛感したものでした。

とにかくこのカードを買ったら、改札へ入る訳ですが、

入場時 ⇒改札の手前上面にタッチ

出場時 ⇒改札の手前にカードを差し入れる(カードが回収される)

このような形で、両サイドのゲートが開いて通れるようになります。

P1010644

●路線図

途中で切れてしまっていますが、色々撮りにくい状況でもありこんな形になっています。

乗り間違いがないよう、方向に矢印が入っています。

途中、西安路という駅で1号線に乗換となっており、1号線2号線は第一期工事として大方できあがっていますが、まだ二期工事の予定がある状態となっています。

中国は台湾と違って字体がいわゆる「簡体字」なので、漢字といえど分かりにくかった部分が少なからずありました。広場の「広」はムの部分がなかったり、「場」という字も簡体字だったり。

で、この時は大連駅そばにホテルを取っていて、その最寄りとなるであろう「青泥洼桥」駅を目指して乗りました。空港であるこの「機場」駅から4元(日本円で約90円)で行けます。乗車時間は約30分でしたが、これだけ乗って100円もかからないというのは物価面では素敵すぎました。

帰りはタクシーで大連駅前から空港まで行きましたが、20分強で30元(約650円)でしたので、この地下鉄だと桁違いに安いです。もっと言えば、バスで行くと1元で行けます。乗り方さえ覚えればこれがベストと思いますが、バスはいつ見ても人でいっぱいだったので結局挑戦せずじまいでした。

P1010646

●車内

本当にガラガラで初めはヤバイと思いました。その後徐々に増えてきましたが…。

扉横は画面が着いていて、動画が流れていました。路線図を動画にしたものや、道徳的なものまで色々とありました。

シートはプラスチック状で台湾のMRTと同様な感じでした。それと海外のせいか?!日本みたいに寝てる人は皆無でした。運転で覚えてるのは、駅で停まる時に減速はしていくのですが、最後の部分で急ブレーキがかかる感じでカクッとなってました。なので鉄の部分に頭をぶつけないよう要注意これだけは思いました

P1010648
P1010649

そんなこんなでまずは、大連の空港にある機場駅でした。

« 高知/南国 散りばめられたキャラ | トップページ | タイ/バンコク⑤ Sathorn港から川をゆく!(前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

51中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大連地下鉄/機場駅 (中国/大連市):

« 高知/南国 散りばめられたキャラ | トップページ | タイ/バンコク⑤ Sathorn港から川をゆく!(前編) »