2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 中国/大連② すばらしき中山広場近代建築群! | トップページ | 兵庫/明石 観て観られての明石城 »

2015年9月22日 (火)

ゆいレール/那覇空港駅 (沖縄県那覇市)

沖縄県那覇市のゆいレール/那覇空港駅です。

那覇市は沖縄県の沖縄本島の南西部に位置し、人口は320,884人(2015.5.1現在)で、沖縄県の県庁所在地であり、沖縄県では現時点で唯一、鉄道が通っている市です。

-沖縄都市モノレール(ゆいレール)/那覇空港駅-
【路線】
沖縄都市モノレール線(那覇空港-首里間)
【開業】2003年8月10日
【訪問】初訪問-2013年1月
【1日あたり平均乗車人員】 4,069/日 (2011年) 
【近隣の主要駅 (首里方面) 県庁前駅→6駅

●のりばへ

那覇空港と直結しているこの通路でモノレール駅まで向かう事ができ、両サイドにはこのように「動く歩道」がついています。

ここに初めて来たのは2013年のお正月、写真もその時の様子ですが、前回那覇を訪ねたのが2002年5月という事で、開業を翌年に控えた状態でした。それから10年以上沖縄を訪ねる事がなかった為、駅を初めて見るのがだいぶ遅くなってしまいましたが、沖縄で鉄道に初めてアクセスした瞬間でした。

記事タイトルは「ゆいレール」と愛称にしていますが、正式には「沖縄都市モノレール」といいます。「ゆいレール」の愛称の由来は、沖縄の方言で「助け合い」を意味する「ゆいまーる」に因むもので、沖縄のモノレールを県民の皆で支え、地域を結び、人と人を結ぼうというものだそうです。

Dsc05046

●めんそーれ

上の写真の突き当たりになりますが、駅の入口部分です。

お得なきっぷとして

 ■24時間乗り放題 600円

 ■48時間乗り放題 1,000円

が売り出されていました。1日乗車券、などではなくて、24時間、48時間という表現なのですね、最初の入場時刻を認識するのでしょうか…?

また、当駅は「日本最西端の駅」とされています。

それまで日本最西端の駅といえば、松浦鉄道のたびら平戸口駅であったのですが、沖縄に鉄道ができた事によって、この記録が変わる事となりました。それでもたびら平戸口の駅にはまだその碑が建っています。

Dsc05047

●エスカレータ

モノレール駅で、基本的に高架駅なので、ホームへは上っていく事となります。

上へあがると1面2線ホームというのが基本フォーマットですね。

Dsc05048

●レールを眺める

ホームから伸びているレールの様子です。

モノレールは駅設備関係が画一的で、その辺の面白みに欠ける部分はありますが、ホームからレールの伸びている様子は、どこを撮っても絵になるし、周りの風景もそれぞれ違っているので、面白味を感じます。

こうやって列車が間近にある状態のカットはすごく絵になります。ここは空港の駅である事もあり、高層ビル群がバックという事はなく、比較的穏やかなものとなっています。

Dsc05053

●ホームの窓越し

窓の仕切りの部分に「なはくうこう」と駅名の表示があり、その窓越しにはのどかな風景が広がっていました。

やはり空港部あり、中心部とはやや距離があるので沿線の他の駅とは趣が異なものとなっています。

Dsc05057

●ホーム

1面2線の形で、出口へは降りるようになっている、モノレール駅のスタンダードな構造です。安全柵も設けられています。

この駅の場合は始発駅につき、片側のみ発車ホームで、もう片側は首里方面からの到着ホームという格好になります。

Dsc05058

●列車

「ゆいレール」のマークがカエルの目みたいで面白かったです。

先端部分の曲線がかわいらしい印象を与え、本物の列車というより、オモチャのような気さえしました。沖縄で初めて電車に乗った、それがこの時でした。それまで沖縄には4度も行っていましたが、専らバス頼りだったので本当に「変革」を感じたものでした。

Dsc05056

●那覇空港駅 駅舎

モノレール駅つき、どこも大体このような形となりますが、那覇空港と通路を挟んで存在します。

2003年に当駅が開業するまでは、那覇空港から街へ出るにはタクシーを使うか、空港前に着くバスに乗るか、だったのですが、これに「モノレールに乗る」という選択肢が増えた訳で、10年以上沖縄(那覇)を訪ねていない、という方には本当に時代が変わった事を感じさせられるのではないかと思います。

那覇空港に着いて最初に出会う駅でありますが、今後は首里より先の延伸も計画されており、ここから那覇市を越えて浦添市まで出られるようにもなると思います。その先は分かりませんが、もっと北側へ伸びていけば、鉄道利用もさらに盛んになるのかな?と思ったり、まだ色々期待値もあるのかな、と。

そんな那覇空港駅でした。

Dsc05040
Dsc05042

« 中国/大連② すばらしき中山広場近代建築群! | トップページ | 兵庫/明石 観て観られての明石城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

47沖縄県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆいレール/那覇空港駅 (沖縄県那覇市):

« 中国/大連② すばらしき中山広場近代建築群! | トップページ | 兵庫/明石 観て観られての明石城 »