2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 沖縄/宮古島 宮古空港、、日本全市訪問達成のとき | トップページ | JR魚住駅 (兵庫県明石市) »

2016年1月24日 (日)

快軌3号線/開発区駅 (中国/大連市)

中国/大連市の快軌3号線/開発区です。

-快軌3号線/開発区
【路線】大連地下鉄(快軌)3号線本線(大連-金石灘間)
               同   金州支線(開発区-九里間)     

【開業】2003年5月1日
【訪問】2015年8月 
【近隣の主要駅】 (大連方面) 大連駅→7駅
           (金石灘方面)
金石灘駅→4駅
           (九里方面) 九里駅→6駅

●駅名標

日本語読みでは「かいはつく」 、中国のいわゆるピンインでは「Kaifaqu」 (カイファーチュー)とほぼ日本語と同じ読みなのですね。

この駅はなんといっても、快軌3号線で唯一、2つの線に分岐する重要な駅であり、写真の駅名標でいうと、下の横一線が本線で、上へ分岐しているのが金州支線となります。

开发区などと表記され、日本語の字と違いすぎてしまってて、最初は全然分からず、「この路線図のどこに開発区駅があるの?」とずっと思ってました。「中国語といっても漢字だから、大体の雰囲気で分かるだろう」と思っていたら、字体が全然違ってて分からない、のは結構ありました。簡体字だと全然違った漢字になります、ホントに。

P1020124

●ホーム

2枚ありますが、上の方が左側、下の方が右側となります。

快軌3号線は大抵、2面2線のような構成が多いのですが、当駅は支線にも分岐している為、右側は支線用のホームとなっています。

大連駅から当駅で支線に分岐して九里駅に至る訳ですが、1日限られた便のみが直通運転され、他の大方の便はこの開発区駅で乗換となります。

P1020125
P1020126

●列車

D Loco FG型という車両だそうで、大連機車車輌有限公司というところの製作です。完全に地場の車両という事ですね。

ちなみに最高時速は100km/hとの事です。

P1020127

●ホーム階段

高架ホームへ至る階段ですが、赤というかワイン色の壁面がたいへんインパクトがありました。

漢字が読めるようで読めない、そんなもどかしさがそこかしこにありました(笑)

P1020159

●駅構内

階段下の部分ですが、九里駅は支線側、大連は本線側で、おなじく本線側で大連と反対側の金石灘方面はランプがついてなかったり、何かとよく分からなかった標識でした。

ランプがついてなくても放置してるだけ?みたいなのが大連ではそこかしこにあったので、無効という頭はもたなかったですね。「消えてるだけかも…」と(笑)

P1020158

●駅向かい商店群

駅舎の向かいに建つ商店群です。

開発区とありますが、「大連経済技術開発区」と正式には称するようです。企業誘致に注力しており、海外企業が多く進出しているという事で、日本企業も数多く出ているようです。

圏域の人口は約30万、その中で日本人駐在者は約2,000人いるという事で、それくらい居たら日本語も聞けそうな気がするのですが、全然そんな事はなかったですね。

P1020131

●開発区駅 駅舎

通路がこれだけの幅で、向かいが先ほどの商店群という事もあり、斜めからの苦しい駅舎カットとなりました。

やはり高架駅であり、また支線にも分岐する拠点駅のひとつでもあり、見事な駅舎です。地下鉄路線の延長上のひとつかと思うと、本当に見事です。

道を隔てて商店群があり、その向こうはちょっとした遊園スペース等々あり、これらを眺め歩くだけでも楽しい駅前ではあります。実際、この駅前は通りや街並みらしいものを見てませんでしたが、広場スペースがいい感じなんで、それだけでも寄ってみる価値はあるかと思います。

P1020129

« 沖縄/宮古島 宮古空港、、日本全市訪問達成のとき | トップページ | JR魚住駅 (兵庫県明石市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

51中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快軌3号線/開発区駅 (中国/大連市):

« 沖縄/宮古島 宮古空港、、日本全市訪問達成のとき | トップページ | JR魚住駅 (兵庫県明石市) »