2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 香港⑥ 銅鑼湾へ向かう朝 | トップページ | KORAIL空港鉄道/仁川国際空港駅 (韓国/仁川市) »

2016年5月 7日 (土)

富山/南砺 福野の街に重文ありて

富山県南砺市、JR福野駅からの歩き旅です。

(2012年6月当時)

●ようこそ南砺市福野へ

という事で、福野駅前の周辺図がありました。

~芸能・文化の市の里~と副題的につけられていました。

福野駅は地図中のど真ん中よりやや左下にあり、方角はここでは右が北になります。

なので駅西側のほんのわずかなエリアのみ、碁盤の目のような区画になっており、だいたいのものがこのエリアに集中しているのも窺えます。

Img_0010

●曳山蔵

当地では福野夜高祭という曳山祭が毎年5/1~2に行なわれ(残念ながら今年はつい先日過ぎてしまいましたが…)、福野地区では4基の曳山があり、ここでは「新町」という所の曳山が保管されています。

この祭は350年もの歴史を有し、富山県の無形民俗文化財に指定されています。

Img_0015

●続く家並み

商店街というより住宅街の要素の強い駅前の通りで、歩道もろくにないようなところに家々が並んでいました。玄関出たらすぐ道路、という家が軒を連ねていて、それも空き家と思われるものも少なからずで、外壁前面が取れたままの家もありました。

Img_0019

●福野高校前

福野駅を出てから、線路沿いに近い形で東へ進み、突き当りを右に折れる形で、福野駅のすぐ東の踏切を横切ったのですが、その直後にこの光景に出くわします。

高校前のバス停だからかどうか分かりませんが、屋根と壁のついたしっかりとした待合室が設けられていました。標識が若干離れた所に置いてあるのが少々謎でしたが…

Img_0023

●バス停時刻表

その福野高校前のバス停時刻表です。

福野高校自体はこの真ん前のビニールハウスの手前に門があります。

で、ダイヤ的には、平日が1日8便で土日祝が6便といった状態で、コミュニティバスのような本数でした。午前中は4時間なかったりなどもしていました。完全に学校に合わせたダイヤでしょうか。

とはいっても、庄川町という所までの道のりを行くため、完全に学校向けという訳ではないのでしょうが、ただ利用者が学生に限られてくるのかな、という感じでした。

ちなみにここから終点の庄川町というバス停までは15分ほどで着きます。庄川というところは郊外ながら、道の駅や水記念公園等いくつかの施設のある地点のようです。

Img_0025

●福野高校校門

先程のビニールハウス群の手前にある福野高校の門です。

なんといってもこの字体の校名表記がまず素晴らしいです。正確には「富山県立南砺福野高等学校」という校名になります。といっても元の校名は「南砺」のつかない形で、2005年に「南砺」が冠されており、南砺市への市制化に伴ってのものと思われます。

もっとも当時は周辺2校との提携が結ばれていて、「南砺総合高等学校福野高等学校」という長い名前だったようです。しかしなんともフリーな門だ事でちょっとビックリしてしまいました。セキュリティ面で。

Img_0027

●別入口

上の写真の門とは90度角度が違うところの入口からのカットです。

この長ったらしい校名が2005年の南砺市市制化から提携完了までの暫定校名ですね。

ところで、こんな校内の敷地に入って写真を撮ってるのかという話ですが、ここは半ば観光地なのです(勝手にそう思ってるだけかもですが…)。それは次の写真に登場するのですが、何せ全くのフリーバスでここまで入って来れます。

Img_0031

●旧富山県立農学校 本館

観光地と書いたのは、この建物によるものです。

標題のように「旧・富山県立農学校」の本館という事で「厳浄閣」といわれています。

1903(明治36年)築で、国指定の重要文化財です。そんなものがこの高校の敷地内にあるという訳です。

南砺市の少なくともこの福野地区においては、今回の旅の中でここがベストPLACEでした。南砺市では城端(じょうはな)地区も行きまして、ここもなかなかの渋いスポットがあるのですが…

とにかく実際に肉眼で見たら、この写り以上にもっともっと素晴らしい建物だという事を実感させられると思います。ちなみに建築面積は狙ったのかどうかですが、333.3㎡との事で、この当時メートル法がどの程度普及していたのか分かりませんが、それにしてもすごいと思います。

福野駅から余裕で歩いてこれるので、福野駅から徒歩で観光成果を手っ取り早く得たいなら、まずはここですね。駅出口からいうと裏手の位置になりますが。

Img_0034
Img_0038
Img_0040

« 香港⑥ 銅鑼湾へ向かう朝 | トップページ | KORAIL空港鉄道/仁川国際空港駅 (韓国/仁川市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

16富山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山/南砺 福野の街に重文ありて:

« 香港⑥ 銅鑼湾へ向かう朝 | トップページ | KORAIL空港鉄道/仁川国際空港駅 (韓国/仁川市) »