2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR奈良駅 (奈良県奈良市) | トップページ | 近鉄/奈良駅 (奈良県奈良市) »

2016年7月26日 (火)

中国/大連⑤ 大連労働公園のひととき

中国/大連市、 ④金石灘の偽ドラえもんだらけ!」に続く、大連の旅記事第5弾です。

だいぶ間隔が開いてしまいましたが…大連旅行記でまだまだ載せきれていなかったので、久々のupです。気がつけば、実際の旅行から間もなく1年が経とうとしています。

●正門

労働公園の門です。

実は最初からここへ行くつもりはなかったのですが、迷ううちにだいぶ歩いてしまってて、結果的にこれを越えた距離を歩いてきてしまっていたので、じゃあ戻る時はここを通って戻る事にしようとなりました。折角なので寄って行こう、という事で寄った次第です。

中途半端に門が開いていて、有料なのかどうかも全く分からず…、とりあえず入っていく人がいれば、それに合わせて動けばよいかと思い、合わせたところ、全くの無料でフリーで入れました

海外で言葉も分からずに、入って行けるか否かは現地人の動きに合わせる、これ鉄則ですね。あと中国は道路の横切りも現地人に合わせれば大体大丈夫かと。

P1010912
P1010913

●入口

無難に入れた後の入口はこんな感じです。

意外にも盆栽チックというか、日本的で驚きました。中国もこういう文化あるのかな、と思ったり。

P1010914

●これぞ中国文化!

この時初めての中国旅行で、中国に来たな…という実感は、機械が停まっていても放置れていたりとか、そういうインフラ面で感じた事はあったものの、文化として触れる事はあまりなかったのですが、この多くの人々が一斉に踊る体操を見てつくづく「中国だな…」という実感がわいたのでした。

一緒に輪の中に入っていってもなんの違和感もなく、快く迎えて下さると思います。この時は入りませんでしだか、別の地でもこれとおんなじような事をやってて、その時は輪の中に入ってみました。

これ、ゆるゆると踊っているように見えますが、実際入って踊ってみると、(曲によりますが)結構しんどいものがありました。ここでのものは盆踊りのように輪になって進んでいくだけのものだったので、そうでもないですが、プチディスコみたいな踊る集団の中だとそれはもうしんどかったです。

いずれにしても中国らしい文化を感じるし、平和だなという事も併せて感じさせられました。中国って色々言われますが、中国の楽しみ方のひとつは、こういう点にあると思います。

P1010919
P1010918

●公園MAP

大連では最も広い公園で、その面積は約100万㎡、正方形にすると1km四方という事になりますが、その中に池や庭園、バラなどの植物園、テニスコートに小動物園、遊園地まで有する実に多機能な公園でもあります。

大連駅からは約1km、方向さえ間違わなければじゅうぶん歩いて行けます。

P1010920

●池と蓮

池があって周辺はベンチで囲まれています。

ここまで相当な距離を歩いてきたので、とにかくどっかで座りたかった…と思った時にここのベンチの存在は助かりました。

そしてこの池は蓮で埋め尽くされた部分がありました。蓮っ葉のみならず、立派に見事に咲き誇っている蓮が見られて、感激でした。中国でもきれいな蓮が見れた、という妙な感動をしてしまいました。

大連は中国の中でも特殊ともいえる街で、ロシア風建築の建物が多数見られたりなど、近代的な歴史遺産は多いものの、いわゆる中国四千年を感じさせるようなものが目立たず、こういう佇まいのもの(場所)はあるのかな?と思っていたのですが、今回の大連旅でその事を最も感じられたのがこの労働公園だったように思います。

P1010925
P1010926
P1010930
P1010932
P1010934
P1010937

●水に浮くもの

水に浮いている大きな球体。この中に小さい子どもが入って遊び回るという大きなおもちゃです。実際に子供が中に入って遊んでいたのを見ましたが本当に楽しそうでした。ハムスターが滑車で遊んでいる姿を思い浮かべました。

前の受付らしき所には「20元/人」とあり、1人あたり20元、つまり300円余りするという事ですね。

P1010941
P1010943

●ロケットとコースター

がいきなり現われますが、この公園はこういった遊園地スペースもある訳です。

メリーゴーランドもありました。こういうスペースへはかつては有料であったものが無料で入れるようになったといいます。エリアには立ち入りできて、各乗り物を利用時にお金を払うシステムでしょうか。

P1010944

●遊園地ゲート

夜間は有料という事でしょうか?3元とか4元とか表示がありました。簡体字ホント読めなくてスミマセン…というところですが。

ちなみに公園内のトイレも有料だそうで、この時はどこにあるかも意識していませんでしたが、後から他のサイトで調べると有料とありました。

海外へ行くと、公衆トイレが有料かどうか?というのはとても気になるところで、まして暑い季節に行く事が多いので(調子を崩しがちで)尚更です。タイに行く前はホントによく調べました。どこにトイレがあるのか等含めて。

P1010948

●テレビ塔

と手間はサッカーボールのオブジェです。と思っていましたが、中は芸術館なのだそうです。

大連は中国では最もサッカーが盛んな町だといいます。そういえば地下鉄沿線でも、こんなような大きなサッカーボール状のオブジェを道の真ん中で見たように思います。友好広場だったかで。

テレビ塔は夜のライトアップが大変きれいなのだとか。夜はあんまり出歩かないようにしているので見るはずもありませんでしたが。

この2つも、この労働公園で見られる大きな名物です。

P1010940

●紫薇園

紫薇とは中国でサルスベリ(百日紅)を意味するそうで、この石碑の奥の植物園的エリアでは、このようなピンクとも紫ともいえる色の花が多数咲き誇っていました。

とまあ、ひとくちに労働公園といっても実に多数の顔を持つこの大連労働公園。

大連に来たからには中山広場近代家建築群や金石灘などと共に外したくない一ヶ所、と言えると思います。

P1010957

P1010959
P1010964

« JR奈良駅 (奈良県奈良市) | トップページ | 近鉄/奈良駅 (奈良県奈良市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

51中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国/大連⑤ 大連労働公園のひととき:

« JR奈良駅 (奈良県奈良市) | トップページ | 近鉄/奈良駅 (奈良県奈良市) »