2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 岐阜/美濃加茂 太田・星座散りばめられた街 | トップページ | 広島/三次 巴橋までのんびり行こう »

2016年10月13日 (木)

韓国鉄道公社/軍浦駅 (韓国/軍浦駅)

韓国/軍浦市の韓国鉄道公社/軍浦(군포)です。

軍浦市はソウル近郊京畿道の市で、人口は約278,000人で、日本では平成となった1989年に市としての産声をあげた事になります。

韓国鉄道公社/軍浦(군포)
【路線】韓国鉄道公社京釜電鉄線(首都圏電鉄1号線)(ソウル駅-天安間)
【開業】
1905年1月1日
【訪問】2016年9
【1日あたり乗降車人員】 7,567人/日(2010年)
【近隣の主要駅】 (ソウル方面)安養駅→3駅 
            (天安方面)義王駅→2駅

●駅名標

果川と書いて英字では「Gunpo(クンポ)」と表記します。日本語からでも読めそうですね、韓国語はこういう感じの言葉が多いですね。ハングルさえ読めれば日本語と音が似ているものが多くて、たどたどしくでも読めると「なるほど」と思う事が少なからずあります。

軍浦というちょっとイカツイ名前ですが、軍施設のある街は別にあり、ここは特に軍の施設前面に…という感じではないようでした。同じ市内の衿井駅が隣駅で、ここで1号線と4号線が交差します。

ここに来た時も衿井までは4号線で来たのですが、衿井で1号線に乗換えてやってきました。

果川駅を訪ねた後にここに到着し、韓国では7市目の訪問となりました。

Dscn9820

●ホーム

それまでソウル発で訪ねた地下鉄駅ではほぼフルスクリーン型のホームで転落しようのない形となっていましたが、ここは柵があるだけで、前にドアも枠もありません。ソウルを離れて郊外にやって来たな、感がありました。

やっと駅らしい駅に出会えたといいますか。

次発列車の案内が電光で出ていますが、時刻は表示されていません。ただこの辺りはソウルから離れるにつれ便数が減っていき、最終的には1時間に2本くらいになります。勿論ソウル近辺の地下鉄であれば、1本くらい逃してもじきにやってきますが、この辺りまで出てくると、少しは待たないと…という事になってしまいます。

Dscn9821
Dscn9819

●駅前広場

これまで地下鉄の駅が殆どだったので、こういう広場があって、ロータリーがあって、というタイプのものはなかなかお届けできなかったのですが、ここは地上駅らしい光景がみられました、これでこそ駅を訪ねる楽しみがあるというものです。

で、このモニュメントは朝鮮独立運動がらみの記念碑のようで、1919年の3月31日に軍浦の市民が集まって云々…とありましたが、独立運動が地方にも波及し、この地でもそんな動きがうあって…という事で、これを記念したもの、というところでしょうか。

Dscn9822

●駅前ロータリー

丸く広いロータリースペースがしっかり取られています。

思えば韓国で何十と駅を訪ねているはずですが、こういう感じのスタンダードとでもいうか、こんな日本のどこにでもあるタイプの駅前に出くわしたのはここが初めてかもしれません。

Dscn9823

●軍浦駅 駅舎(正面)

駅前広場から駅を振り返った、いわば正面の写真です。

橋上駅舎のシンプルなタイプですね、

Dscn9826

●駅出入口

階段部分が出入口そのものになり、その前面に駅名の表示があります。

街にある歩道橋にかなり近いタイプの駅舎といえます。

そして、ここから見ると階段を上がって、歩道を渡り切った辺りの部分の屋根に「軍浦駅」なる駅名表示が見られ、この部分が最も駅名表示部分として大きなものとなっています。

Dscn9830

●軍浦駅 駅名表示

下から支える形で立っている表示です。

正面から見たら、一切駅名が見えませんが、このように横に斜めにと構えた時にハッキリ見えるというのは、なんとなくあまのじゃくというか、隠してるけど角度買えたらちゃんと見えるよ的なものを感じます。

Dscn9827
Dscn9831

« 岐阜/美濃加茂 太田・星座散りばめられた街 | トップページ | 広島/三次 巴橋までのんびり行こう »

旅行・地域」カテゴリの記事

49韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国鉄道公社/軍浦駅 (韓国/軍浦駅):

« 岐阜/美濃加茂 太田・星座散りばめられた街 | トップページ | 広島/三次 巴橋までのんびり行こう »