2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 熊本/合志 御代志駅から1本の道 | トップページ | JR尾張一宮駅 (愛知県一宮市) »

2016年12月16日 (金)

大分/宇佐 廃線間近のバスルート!

大分県宇佐市、JR宇佐駅の駅前の様子です。

(2012年12月当時)

●宇佐 国東半島案内地図

宇佐駅ホームにあったのも国東半島の地図ですが、これとはちょっと違った形で表現されているもので、宇佐駅を出てすぐの、駅舎前にあるものです。

宇佐市はまだ半島部分にはないかな、というところですが他の市は半島にかかっています。杵築市、豊後高田市、国東市…などなど。

Dsc04510

●駅前通り

宇佐市の中心駅前の通りですが、そんな雰囲気がほぼなかったです。強いて言うなら飲食店が多少なりあったところでしょうか。「ようこそ〇〇へ!!」的なものは皆無でした。

右側のお店は飲食店で、時間があれば入りたかったのですが、中途半端に時間がなくて断念しました。幟には「だんご汁」と出ていました、大分の名物ですね。

Dsc04514

●タクシー会社

宇佐太陽交通というタクシー会社の北馬城営業所というのがありました。

上の写真の駅前通りの突き当たりすぐ手前の左側にあります。

この先はT字路で、幹線道に入って行きます。

Dsc04515

●宇佐駅前交差点(右)

駅前通りを突き当りまで行くと、この「宇佐駅前」交差点のT字路に行き当たり、右側を向いたのがこのカットです。

特に何がありそうな感じもしなかった、幹線道がただひたすら続く、そんな感じでした。

Dsc04516

●宇佐駅前交差点(左)

上の写真と反対側で宇佐駅前交差点を左を向いた側のカットです。

見えにくいですが、右側には「宇佐駅入口」バス停があります。

右側に比べたらまだ、向こうに何かありそうではありますが、やはりやや閑散とした感じが拭えない、そんな通りでした。

Dsc04518

●宇佐駅入口バス停

先に触れましたが、バス停のアップの様子です。大分交通のバスが通っています。

裏を見ると、 「別府ゆけむり号」13:11となっていました。広島バスセンターを起点に徳山港からはバスごとフェリーに入って航行となり、九州では竹田津港に入り、ここ宇佐駅入口を経て別府→大分市内に至るというルート取りをするバスで、1日1便運行されているのですが…

来年、というか来月、2017年1月9日をもって、運行廃止が決定となってしまいました。これは今からちょうど4年前の姿(2005年運行開始)ですが、もうあと1ヶ月もないうちに走らなくなってしまうのです。そしてこのバスの名も幻となってしまい、こうして記録に残しておいて良かったな、とつくづく思うばかりです。

Dsc04519
Dsc04520

●宇佐温泉

宇佐駅前交差点を左へずーっと進んでみたカットです。

「宇佐温泉」の文字が見えてきて、惹かれました。 「宇佐温泉 あずみの湯」との看板が!

建物がすごく穏やか目?で、賑わいなど微塵も感じられませんでしたが、大きな水車が印象的でした。

Dsc04523
Dsc04524
Dsc04526

●岩崎橋

最後はこの朱塗りの橋です。

宇佐駅から北西へ少し、国道10号線に乗って向野川に架かるこの橋は岩崎橋といいます。

向野川は寄藻(よりも)川という二級河川の支流の川です。

向こうにはレストラン「Joyful」があります。

宇佐市役所はここから遠いし、どの辺りが栄えているのかよく分からない市でもありました。

Dsc04534

« 熊本/合志 御代志駅から1本の道 | トップページ | JR尾張一宮駅 (愛知県一宮市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

46大分県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分/宇佐 廃線間近のバスルート!:

« 熊本/合志 御代志駅から1本の道 | トップページ | JR尾張一宮駅 (愛知県一宮市) »