2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 香川/坂出 まろと牛神さまへの道 | トップページ | 滋賀/高島 近江今津 琵琶湖周航のまち »

2017年2月12日 (日)

群馬/安中 何はなくとも安中榛名

群馬県安中市、JR安中榛名駅からの街の様子です。

(2011年4月当時)

●安中榛名 駅前広場

駐車スペースと「人人人」のようなモニュメントでロータリーを形成しているだけ、という感じの駅前広場です。

とにかく人の気配がない、ゴースト感満載の新幹線駅前とは思えない荒涼とした雰囲気に支配されていた、そんな感じでした。繰り返しになりますが、これが新幹線停車駅の駅前なのです。

Himg0453

●在りし日のデイリーストア

当時、駅前を訪ねた時に唯一あったお店がこのヤマザキデイリーストアでした。

「当時」と書いたのは、今はもうないそうです。この訪問の2年後の2013年3月いっぱいをもって閉店してしまい、現在この安中榛名駅の駅前にはお店が1件もない そうです。そういう意味で実に貴重なカットとなりました。

この駅には夕方から夜暗くなった後まで居ましたが、暗くなると駅から見ると、この店しか灯りが点いていないといっても過言ではない状態でした。

Himg0460

●これも駅前

駅前広場を出てすぐあたりの所で横を向くとこんな感じでした。

新幹線の駅前で、こんなに何もないの??この後に行く事になる「くりこま高原駅」(宮城県栗原市)の開業直後は「何もない駅」と言われていましたが、タワーがあったりして、少なくとも今は何かしらの施設がありますが、こちらは駅前すぐでもこの風景です。本当に信じ難いですが、これが新幹線駅の駅前の姿なのです。

Himg0461

●駅前交差点辺り

先程のヤマザキデイリーストアのあった駅前交差点の別アングルです。

店がないと御覧のような状態、ただ道があるだけでなんにもありません。

少なくとも東海道・山陽新幹線の駅前では考えられないような風景が続いていきます。

ここ安中市の中心地はこの駅と平行に走っているJR信越本線の「安中駅」という事で、ここから南へ約5kmの所にあり、そこはそれなりの街の風景が広がっているようですが、安中市ではここしか行った事がないので、また機会を見て安中駅へも行ってみたいものです。

Himg0462
Himg0463

●みのりが丘パノラマパーク

駅前交差点をまっすぐ過ぎると、ひょこっと現れただだっ広いスペースがありました。

一帯が大きな公園となっていました。 「みのりが丘パノラマパーク」という事で2010年に当駅前のハコモノとして造られたという事です。

一応、安中榛名駅から南へ80mという至近距離にありますが、ここへ行くまでのあまりの何もなさに、その距離がかなり長く感じられました。

壮大に広がる公園スペースは、上段下段の2段構成で面積は合わせて約2haという事で、20,000㎡ですが、400m×500mで2haになります。

しかし…人はひとりもいませんでした。

非常にもったいないですね…、トイレや駐車場などの設備は多く確保し、またバリアフリー構造にもなっているといいますが、人っ気の全くなさたるや…。特に遊具があるとかそういうものではありませんでした。この花壇がかなり目立っている形で。

公園の端には人家が見えました。人が住んでるんだここ!と、駅に来てかなり経ってから認識しました(笑)

Himg0465
Himg0468
Himg0470

●天空の丘

駅を更に南下するとこのような丘の公園へ。

幅24メートル、高さ7メートルというでっかいモニュメントがお出迎えです。

この辺りでは、最も目立つ物体だと思います。

ここから街を見下ろす事ができます。

Himg0473
Himg0477
Himg0478

●ひろがる住宅

何もない!と半ば絶望していましたが、少し歩けば住宅街が見えてきました。

道路もこのようにお金をかけて?整備されていました。

しかし…、人っ気がない…、、少なくとも歩いている人を見かけた事は皆無でした。走っている車は見たりすれ違ったりしましだか、この街では人とすれ違った事がありませんでした。なので、管理人の中ではここはやはりゴーストタウンの印象しかないです。まぁタウン(つまり建物はある)というだけ良かったですが、来た当初は人家すら全くないのかと思っていましたから。

Himg0481

●健康物語

公園のへりに歩道が整備されていて、基本そこを延々歩いていましたが、その途中に出くわしたものです。

踏んで歩いて、ということで、向こう側にチラリと見えますが、突起のついた石の群れが続いていました。靴を脱いで歩きたいところです。

「ぬるいお湯を飲んで歩くと効果的です」と書かれていますが、この場に居てぬるいお湯を持ち合わせている事がほぼ不可能かと。前以て用意するしかですね。

Himg0486

●歩道

こんな歩道があって、そこをずっと歩いていました。

暗くなりかけの頃でもあり、画的にいまひとつですが…。

でもホントに人とはすれ違わなかったし、商業施設は全く見受けられませんでした。デイリーストアのなき今、ますますもって車無しでの買い物はムリなのかなと。このまま居住者の年齢が上がっていったら…と思わなくもないですね、なんか誘致してほしいけど、勝算なしとしてどこも手が出せないかも…とも考えてしまいます。

ここに何か商業施設が乗りだしてきた時には、もう一度その変わった姿を見てみたいものです。次は安中市の別の駅の前を旅して、いつかこうしてレポしたいものです。

Himg0485
Himg0488

« 香川/坂出 まろと牛神さまへの道 | トップページ | 滋賀/高島 近江今津 琵琶湖周航のまち »

旅行・地域」カテゴリの記事

10群馬県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬/安中 何はなくとも安中榛名:

« 香川/坂出 まろと牛神さまへの道 | トップページ | 滋賀/高島 近江今津 琵琶湖周航のまち »