2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 栃木/下野 小金井駅前のちょっと素敵な風景 | トップページ | 甘木鉄道/小郡駅 (福岡県小郡市) »

2017年6月17日 (土)

JR横須賀駅 (神奈川県横須賀市)

神奈川県横須賀市のJR横須賀(よこすか)です

横須賀市は、神奈川県の南東部、三浦半島に位置し、人口は403,429人
(2017.5.1現在)で、昭和50年代の歌謡曲でも度々取り上げられた港町で、
思いつくだけでも

「横須賀ストーリー」


「横須賀Baby」

「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」

といった具合です。

人口は最盛期では43万を数えた事もありましたが、今は減少に転じて、
神奈川県では人口第5位の都市となっています。(横浜・川崎・相模原・藤沢に次ぐ形)

-JR横須賀駅-
【路線】
JR横須賀線(大船-久里浜間)
【開業】1889年6月16日
【訪問】初訪問-2004年6月
【1日あたり平均乗車人員】 5,583人/日 (2015年) 
【近隣の主要駅 (大船方面)逗子駅→3駅 
           (久里浜方面)久里浜駅→2駅


●駅名標

三浦半島の先端まで走る「横須賀線」の駅で、その先端の久里浜駅まで
2駅という事で、かなりのシーサイドなロケーションになっています。つまり
海の近くにあるという事なんですが…。

横浜と並び称される事もよくありますが、横浜のような街の賑わいではなく、
もっと海の際のような場末感があるというか、横浜よりアウトロー感が強い
かな、と感じます。

Dsc07249

●側線上

ホームから離れた側線に停まっていたこの車両はいわゆる「マルタイ」(マルチブル
タイタンパー)で、軌道整備用のものです。レールの寿命を延ばすため、レールの
頭部を極々薄く削り取るなどをしています。

ユニオン建設というところのものですが、デザインがいいですね、色んなものが
あしらわれていて。作業車両にしとくのが勿体ない?!

Dsc07248

●ホーム

人口40万超の大都市の市名を名乗る中心駅の割に、実質1面2線という
規模の小さいホームとなっています。この右にももう1面ホームはあるのですが、
使われておらず草むらと化し、このホームの両端のみが実質有効となっています。

屋根が長く取られ、幅も広いのでそこだけは大きな駅という感じですが、
都市の大規模駅とは全然違う感じです。このひと気の無さからも感じられると
思いますし、利用者数も1日平均5,000人程度なのです。

Dsc07247

●幻の一面

先述の草むらと化した1面が左端に写っています。

この面は手前側のホーム部分はこんな形なので活用もされていませんが、
出口に近い向こう側は活用されていて、その様子はこの後の写真に出てきます。

で、右側に見えている線路はここで行き止まりになっていて、いわゆる
頭端(とうたん)式ホームの形になっています。終着駅でもないのに頭端式ホームが
あるという不思議な状態になっています。

Dsc07251

●幻ホームの活用部分

上の写真ですっかり草むら化していた端側のホームですが、この手前が出入口で、
この見えている部分のみが活用されていました。

トイレであったり、鉄道写真を展示していたりとギャラリーとしての活用もされて
いました。「旧・駅長室」という表示も見られます。

Dsc07238
Dsc07241

●頭端部

駅の改札を入った直後辺りの様子です。

この正面の線路部分は、頭端式で行き止まりとなっていて、左側の線路部分は
途中駅らしく、線路が続いています。なんとも不思議な構造です。

ここまで見て分かるかと思いますが、ホーム内は一切の階段・段差がありません。

そして改札外も全くそのようなものはなく、駅に入ってから電車に乗るまで、
一切の段差がない、天然の完全バリアフリー構造の駅なのです。

それにしてもこの雰囲気、人口40万超の都市の市名駅とは到底思えない、
のどかで穏やかな雰囲気そのものです。

Dsc07237

●駅舎内も

御覧のように完全バリアフリーです。

対応しなくても完全に天然バリアフリーなのです。素晴らしいですね。

広々とした構内ですが、これという施設はありませんでした。この時は2013年
でしたが、右に写っているコンビニのNEWDAYSぐらいでした。

Dsc07236

●駅出て目線

くるっと丸いロータリーにバスが数台停まっていました。この角度から見ると
ちっぽけですが、違う角度から見るとこれが素晴らしい姿になります。
これもまた次の写真にて。

この左に隠れている部分が海になり、シーサイドロードがずっと続いていく訳で、
いかにもというぐらい「横須賀の海辺」を堪能する事ができます。

それにしても閑散気味でした。決して田舎ではないんですが、これだけ見ると
田舎っぽさも想像するかもしれませんね。

Dsc07140

●横須賀駅 駅舎

何度も言いますが人口40万超の中心駅です。

この建屋がそれに見合う規模とはとても思えません。なんでこんなに小さいの??
と思うでしょうが、これも先述の通り利用者数が少ないのです。

バスがズラッと並んでいる光景は圧巻でした。

いわゆる「どぶ板通り」は、ここから少し歩けば行き着きますし、「スカジャン」
売ってる店も多数あります。

Dsc07139
Dsc07145
Dsc07235
Dsc07144
Dsc07146

« 栃木/下野 小金井駅前のちょっと素敵な風景 | トップページ | 甘木鉄道/小郡駅 (福岡県小郡市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

14神奈川県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR横須賀駅 (神奈川県横須賀市):

« 栃木/下野 小金井駅前のちょっと素敵な風景 | トップページ | 甘木鉄道/小郡駅 (福岡県小郡市) »