2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR西出雲駅・出雲神西駅 (島根県出雲市) | トップページ | 兵庫/加古川① 【悲報】宝湯 れんばい相次ぎ閉店 »

2017年12月 5日 (火)

JR江南駅・小田駅 (島根県出雲市)




島根県出雲市のJR江南(こうなん)駅、小田(おだ)です

出雲市ではJR出雲市駅、西出雲駅・出雲神西駅をupした事がありますが、これにつづく駅を2駅御紹介です。

まずは江南駅から。

-JR江南駅-
【路線】
JR山陰本線(京都-幡生間)
【開業】1913年11月21日
【訪問】2008年10月
【1日あたり平均乗車人員】 93人/日 (2015年) 
【近隣の主要駅 (京都方面)出雲市駅→3駅
           (幡生方面)大田市駅→5駅   


●駅名標周辺

愛知県に江南市という市があって、その市名を名乗る同名の「江南」駅が名鉄にありますが、ここは現在でこそ出雲市ですが、平成の大合併以前は簸川郡湖陵町という町で唯一の駅でした。

前記事の出雲神西駅の時にも「湖陵温泉」

のフレーズが出てきましたが、その湖陵です。駅ができた時の自治体名は駅名と同じ江南村でした。そこから湖陵村⇒湖陵町となり現在に至りますが駅名はそのままです。

ここもまたカントリーな雰囲気に溢れていますが、利用者数的には出雲神西駅の倍程度あります。西出雲駅と比べると1/3程度ですが。

Himg0383

●待合室

室内型の待合室があります。

前記事の西出雲駅や出雲神西駅よりはちょっと地味で平板な感じのものでした。

しかし電車の本数が多くなくて必然的に待ち時間も長くなる中、また寒い山陰地方にはこういうしっかりした待合室が必要、と感じます。

しかしこの待合室のポッツリ置かれてる感は惹かれます。

Himg0382
Himg0379

●出札

一応?有人駅で、平日の6:30~14:30のみ営業の形で、土日や平日の14:30以降は居ないので、この時も土日だったので居ませんでした。一見無人駅のように見えて、委託の方がおられるという駅もあったりしますね。

上には近隣の主要駅への運賃表がありました。

市内中心部の出雲市駅へは190円、県都松江駅までは740円、鳥取駅までは2,940円です。9年前当時なので値上がりしているかもしれませんが。ここに書いてあるのは全て山陰の駅ですね…。

Himg0378

●構内

プラスチックのペンチもあれば、超絶がつくほど渋すぎる木製ベンチもありました。

平日朝昼だけとはいえ、駅員の居る駅でもあり掲示物もそれなりに更新されていました。

真ん中やや左の2人写っているポスターは「マナカナ」です。時代ですねぇ「だんだん」の頃です。

Himg0377

●通路

ホームいちばん奥からから降りて構内踏切を渡る形で、この右側の通路を手前に来る形で駅舎へ出るちょっと大回りな通路構成になっています。

電車の長さの関係上この位置になるのは仕方ないとして、駅舎までこの手前の位置にあるとは…、それで移動距離が長くなるのですね。

Himg0380

●駅前

駅を出てすぐの景色です。

旅館が目の前にありました。

タクシーは受付窓口へ、との表示がありましたが3~4台は停まっていて、駅舎内事務所とあるのでタクシー会社も駅に入っている感じなのかなと。

Himg0376

●江南駅 駅舎

ブルーの屋根瓦がとても印象的ですが、基本的に木造駅舎として開業当初から続いている駅舎で、1913年開業という事でその歴史は既に100年を越えています。江戸幕府最後の将軍である徳川慶喜が亡くなったのがこの年なので、それ以来あるというのは驚きです。

タクシー会社事務所があるせいか駅規模に見合わず?ここで見えるだけでも4台のタクシーが見えました。

駅舎規模が縮小されてしまわないように、いつまでも続いていてほしい駅舎だと思います。

Himg0370
Himg0374

続いて、小田駅です。

-JR小田駅-
【路線】
JR山陰本線(京都-幡生間)
【開業】1913年11月21日
【訪問】2008年10月
【1日あたり平均乗車人員】 77人/日 (2015年) 
【近隣の主要駅 (京都方面)出雲市駅→4駅
           (幡生方面)大田市駅→4駅   


●駅名標周辺

この辺りの駅は開業日が大体同じなのか、隣の江南駅や西出雲駅などとも同日開業となっています。

位置的に出雲市駅と大田市駅の中間にあり、どちらへ行くにも4駅要します。しかし小田の4駅先が大田市とは…ですね。

江南駅は旧・湖陵町の駅でしたが、当駅は旧・多伎町の駅になります。小田駅というと井原鉄道でも同名の小田駅が存在します。今回は江南駅も小田駅も共に別の同名駅が存在する格好になります。

Himg0349

●ホーム

沿線の付近駅同様1面1線で、真ん中に室内型の待合室があります。1面2線に見えますが駅舎側の線路は撤去されています。

待合室の部分以外はほとんど雨ざらしな感じです。

Himg0350

●スロープ

ここもまた構内踏切でホームから改札へ移るタイプで、ホームに緩やかな長いスロープがあり、バリアフリー対応していました。

構内踏切があるという事は跨線橋がない訳ですね。

Himg0348

●ホームから

駅舎へのカットです。

綺麗な駅舎が見えます。2005年に新駅舎竣工となったようで、この時が2008年なので改築後わずか3年の状態でした。

現在の乗車人員は77人/日で2005年に100人/日の大台を割り込んでから減少傾向にあります。

Himg0351

●多伎町案内図

今は出雲市多伎町という形ですが、この少し前までは簸川郡多伎町でした。自治体名としては消滅しましたが、それでも多伎町という地名は残っている訳で、それだけでもよかったかなと思いました。

隣の田儀駅も同じく旧多伎町に属していましたが、実はこの小田駅の方が中心駅的な役どころで、ここも当初は多伎駅にしたかったようですが、隣の田儀駅と紛らわしい為になくなったようです。そこで隣接する小田地区の名を取って駅名となったといいます。

道の駅キララ多伎というのがあり、この駅から徒歩10分の位置にあります。キララビーチやキララコテージなどキララと名のつくものが沢山あるのが多伎の町でもあります。

Himg0352

●駅舎内

とにかく全体的に木目調の、しかも綺麗な駅でした。

ベンチも木製で綺麗なものでした。隣の江南駅の渋すぎるベンチとは、同じ木製でも全然違うものでした。

最初から出札のない無人駅だそうですが、無人駅とは思えないほどきれいな駅舎内でした。

Himg0366
Himg0368

●駅前広場

広いスペースが取られていますが、特にロータリーなどもない広場でした。

駅前広場を出るとすぐに山陰道路の大動脈である国道9号線が通っています。そのすぐ向こうは日本海です。この駅から西へしばらく海沿いの駅が続いていき、ここはまだ少し海との距離がありますが、西へ行くにつれて駅出たらすぐ海、というシチュエーションになっていきます。

Himg0354

●駅横

駅前広場を横から見た様子です。左が駅です。タクシーが停まっているのも見えます。

右向こうは自転車置場です。

Himg0353

●小田駅 駅舎

2005年改築の立派な駅舎があります。屋根の妻の部分に時計まであります。

隣の田儀駅も同時期に駅舎がリニューアルされており、他の駅はあまり変わらない中で、この2駅だけ?というのは、当時の多伎町にお金があったのか…??山陰の駅といえど変わることだってある、というところが分かる事例ですし、今後他に変わった駅が出てきたら、またそこに行ってみたい気になるというものです。

Himg0355
Himg0364

« JR西出雲駅・出雲神西駅 (島根県出雲市) | トップページ | 兵庫/加古川① 【悲報】宝湯 れんばい相次ぎ閉店 »

旅行・地域」カテゴリの記事

32島根県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR江南駅・小田駅 (島根県出雲市):

« JR西出雲駅・出雲神西駅 (島根県出雲市) | トップページ | 兵庫/加古川① 【悲報】宝湯 れんばい相次ぎ閉店 »