2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 愛知/清須 JRから見える城 | トップページ | JR尼崎駅 (兵庫県尼崎市) »

2018年10月 6日 (土)

JR松井山手駅 (京都府京田辺市)

京都府京田辺市のJR松井山手(まつい・やまて)です。

京田辺市ではJR京田辺駅をupしたことがありますが、今回は市名のカケラもないこの駅の御紹介です。

-JR松井山手駅
【路線】JR片町線(木津-京橋間)
【開業】1989年3月11
【訪問】初訪問-1999年3
【1日あたり平均乗車人員】7,055人/日 (2016年)  
【近隣の主要駅(木津方面) 京田辺駅→2駅 
           
(京橋方面) 四条畷駅→8駅

●駅名標周辺

初訪問が1999年3月と書きましたが、今回この8月に19年ぶりにこの駅にやって来て、今回記事は基本その時のもの、つまり今の姿をお送りします。

松井山手行の電車はちょくちょく見ていましたが、なかなかここまで行く事もなく、久々に行ってみようという訳でこのお盆休みの時に行ったものです。

JR片町線に属していて、平成になってからの開業の新しい駅ですが、当初の駅名は「山手」のつかない「松井」駅であったそうです。

大住-長尾間約4kmの間にできた駅ですが、JRの駅でありながら、京阪電鉄が建設費を負担したそうです。これは近くで京阪東ローズタウンを京阪が運営している事からきているようです。

しかし驚きはナント、この駅の付近に北陸新幹線の駅を設置する事で、中途半端なところにつくるもんだな、という感しかなかったですが…。

Img_1761

●ホーム

2面2線のホームで各面の内側に電車線がある格好です。

コンクリートのぶっとい柱が重厚感を前面に押し出していて、固い感じのホームでした。

Img_1763
Img_1762

●時刻表

左側は四条畷・京橋方面でお昼前後の4時間ほどが1時間4本と最少で、大体の時間帯が1時間に7、8本あるような感じです。

右側の木津方面は、やや少なめで1時間に4本+αといったところです。

Img_1764

●ホームから

出口へと向かうにはこの向こうに見える階段を上がっていきます。

大きな広告看板には枚方自動車教習所が載っていました。

尚、ここで駅ナンバリングがされていますが、今年から適用となったようで、この駅は「H25」と打たれていました。

Img_1760

●駅前広場

駅を出るとロータリーのついた広場があり、真ん中には時計塔が設置されています。

見えている建物は「コ・ス・パ」というフィットネスクラブです。

Img_1770

●おすすめハイキングコース

隣の大住駅へ遠回りで行くコースが示されていました。

他に一休寺を回るコースもありました。

松井「山手」の表記に、ひたすら住宅街を感じますが、意外と歴史あるものに触れられるようで、じっくり歩くのも良い旅ができそうです。ここへ来る前は、なんか見るものがあるのかな??と疑念いっぱいでしだか、行ってみるものですね。

このコースは歩いていませんが、時間があれば少しだけでも歩きたかったです。この時は時間の問題だけでなく、訪ねたのが8月だったので、暑い中をとても歩けたものではない、という事情もありましたが…。

Img_1769

●バスのりば

駅の西側のみバスのりばがあり、東側は単に行き来できるロータリーがあるだけの状態でした。

京阪バスおよび京都京阪バスのバスが行き来していて、近鉄田辺駅行きが多数あり、また京都駅行きもあり、大阪の樟葉駅行きもあります。

Img_1771
Img_1774

●一休さん

京田辺市という事で名所のひとつ「一休寺」に因み、駅前広場の外周にこの一休さん像がありました。

Img_1767

●直Q京都

バスのりばから乗れますが、京都駅への直通便として約30分500円で行ける、として大きな看板が出ていました。

Img_1766

●フレストへの道

駅西口を出て、やや右前に駅前広場がありますが、駅から出て直進するとこの通りになります。

フレスト松井山手店という商業施設で、駅前唯一といっていい大型商業施設です。

駅の開業後にできた施設で、またその後増床を繰り返してリニューアルしてきたりして、平成と共に発展してきたところといえると思います。

Img_1773

●松井山手駅 駅舎

電車の行先にある程の駅で、どんな感じだろうかと思って意外とこじんまりとしている駅って結構あると思いますが、ここもそうでした。

この出入口が筒抜けになっていて、どちら側へもぬける事ができる構造になっています。

建物としては白を基調としたゴツゴツとした感じ、これに屋根縁の曲線が緩和している感じでした。

Img_1775
Img_1772

●松井山手駅 駅舎'99

初訪問1999年3月当時の駅舎です。

今とおんなじです。

ただ、駅名表示が今のように出入口の上ではなく、横の部分になされていました。

あとは、その出入口横が植込みでむき出しであったのに対して今はその部分に柵がされているいました。また、自転車進入禁止のような表示もなく完全ノースルーで向こうが丸見え感も出ていました。

20年近くも経つとどこかしらが何か変わるものなのですね。

Jr

« 愛知/清須 JRから見える城 | トップページ | JR尼崎駅 (兵庫県尼崎市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

26京都府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR松井山手駅 (京都府京田辺市):

« 愛知/清須 JRから見える城 | トップページ | JR尼崎駅 (兵庫県尼崎市) »