2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 鹿児島/姶良① 加治木駅からかじき港町へ | トップページ | 鹿児島/姶良③ 加治木龍門滝 熱い水・冷たい水  »

2019年2月11日 (月)

鹿児島/姶良② 加治木島津の殿様

鹿児島県姶良(あいら)市、鹿児島/姶良① 加治木駅からかじき港町へに続く姶良市加治木地区の旅です。

山形屋ショッピングプラザです。加治木駅から南西徒歩7分程度と少し距離があります。

山形屋といえば鹿児島県を本拠とし、南九州で展開されている老舗百貨店チェーンで、地方の百貨店の先駆け的存在といわれています。

鹿児島市では、バスセンターがあった所で、必ず山形屋に停まる形となっている要衝でしたが、2015年にバスセンターが閉鎖されたようです。

ここはそんな山形屋の加治木店で、老舗百貨店の中で歴史は浅く、2002年開店だそうです。

Dscn1154

▼この上の写真までは、駅より南側の街の姿を数々お伝えしてきましたが、ここからは線路を越えて駅北へ。

加治木駅から北西へ200~300mの辺りへやって来ました。この辺りは結構歴史を感じられるエリアでもあります。

そしてこれは「曽木家の門」として遺っているものでした。加治木島津家の上級武士の屋敷門で、ブルーシートが屋根に掛かってボロボロになっているような地味ないでたちでありますが、鹿児島県でも有数の茅葺の武家門で、現存するものは本当に少ない貴重な文化財といわれています。

Dscn1159
Dscn1161

▼旧加治木町の有志にて1978(昭和53)年に建てられた曽木隆輝という人物の像がありました。

旧加治木町の町長を1947(昭和22)-1954(昭和29)年と1958(昭和33)-1974(昭和49)年と実に23年も務めてきた人物です。途中1期だけ別の人物が務めていますが、これを除けば1947-74年の間、加治木町の町長を務め、戦後の復興期から高度経済成長期まで町政の第一線にいた人物だった訳ですね。そりゃ銅像も建てられるわな、と勝手に納得していました。

Dscn1168

▼この交差点、十字ではなく少し鈎型になっていますが、右に見えているのは「加治木護国神社」です。

加治木の歴史がギュッと詰まったエリアといっても過言ではない所で、ここに見える石垣からもその歴史に思いを馳せる事も出来るのではと思いました。

前回の1回目の記事では、どちらかというと街の様子が主でしたが、今回記事は歴史的な部分が主になると思います。

Dscn1173

▼上の写真の交差点の左手前に隠れていた部分はこの建屋です。

FANTAとCoca-Colaの看板が昭和丸出しでよかったです。よくこれを遺してくれたなと。

Dscn1174

▼2枚上の写真の左側に写っていますが、加治木護国神社と並んでいる姶良市立柁城(だじょう)小学校です。

歴史あるエリアに溶け込むように和風の塀と立派な校門で覆われています。

江戸時代の1784年に加治木島津6代目の島津久微によって郷校「毓英館(いくえいかん)」がそのルーツとされる非常に歴史のある学校です。

小学校となったのは1876年の事で、その時には現在の校名になっていたといいます。ちなみに公立の小学校ですが、制服があるそうです。

Dscn1176

▼加治木護国神社にて、周辺の地図がありました。幕末当時の周辺図という事で。

島津義弘公が同じ姶良市の帖佐(ちょうさ)から1607年に当地に移り、天守閣を持たない屋形群で構成した居館とし、北隣の加治木高校の敷地がこれにあたり、義弘の没後に柁城小学校の敷地にあたる部分を別館にしたといいます。

Dscn1180

▼護国神社の鳥居と拝殿です。

たいそうないでたちで、すごい神社ではないかと思いましたが、普段は人のいない神社でした。それこそ、おみくじが売っていたり巫女さんが要るような所では全然なくて、敷地は広いけど閑散とした所でした。なので拝殿も大層な建物ではなく、実にひっそりとしたものでした。

元々神社としての江戸時代からの歴史があった訳ではないのもありますが、起源は明治初期で戊辰戦争や西南戦争の加治木町内の殉死者を英霊を祀るものだったといいます。

今の場所に移ったのは昭和34年という事で今年でちょうど60年になります。

Dscn1181

▼護国神社の敷地内です。

他にこれといった建物が特に見受けられない、本当にひっそりしたところです。

逆にこれで当時の歴史に思いを馳せられるのかも。

江戸時代はここが加治木の中心地であり、殿様もいた所だったんですよね。

Dscn1186
Dscn1185

▼護国神社のすぐ北にある加治木高校です。

小学校は神社の西隣にあり、この高校は神社の北隣にあります。

殿の居館もあった訳で、ここも小学校ほどの大層な塀ではないものの、少々雰囲気のある門になってはいます。

Dscn1188

▼最後は、加治木商工会館です。

通りかかりに撮ったんですが、なんといってもこの2F部分の窓のブルーの縦線がインパクトすごかったです。これがあるのとないのとでは建物として全然違う感じがします。

柱の下まで通っている所は、そのブルーラインが地面まで続いてしました。

姶良市内はJR姶良駅前をフラフラしていたのですが、いまひとつ記事にし辛いかな、という感じであったので、中心地の加治木を訪ねて、その街なかを歩いてみて、それなりの風景が撮れたかなと思いました。

歴史に触れたいならば、加治木駅の北西300mほどの加治木護国神社周辺を歩き回ってみては?と思います。

Dscn1194

« 鹿児島/姶良① 加治木駅からかじき港町へ | トップページ | 鹿児島/姶良③ 加治木龍門滝 熱い水・冷たい水  »

旅行・地域」カテゴリの記事

46鹿児島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島/姶良② 加治木島津の殿様:

« 鹿児島/姶良① 加治木駅からかじき港町へ | トップページ | 鹿児島/姶良③ 加治木龍門滝 熱い水・冷たい水  »