2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月の4件の記事

2020年10月18日 (日)

西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信 見てみたい話③

西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信

西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信 見てみたい話②

につづく3記事目です。

今回はPARTⅠ75話から最終話までです。

第75話「平尾一兵・危機一髪」

リュウがインターポールへ出向後、後任としてやってくるはずの平尾一兵という男、二宮係長の推薦によるエリートとの触れ込みだが、時間になっても現れず、捜査課の刑事たちは「大門軍団に怖気づいたか…」と言うが、その頃平尾は銀行強盗が逃げ込んだ近くの喫茶店で人質になっていた…

峰竜太演じる平尾刑事の登場編。峰は寺尾聡や苅谷俊介と違い大都会からのスピンオフでそのまま西部警察出演とならなかったが、番組スタート1年半を経てようやく軍団に再合流となった。

Dscf0036
平尾一兵(峰竜太) …PARTⅠ75話~PARTⅢ最終話。レンジャー部隊出身で硬派と思いきや、西部署で異色のナンパ刑事。女性とみるやすぐ電話番号を聞き出そうとする男。当初はアイビールックにウォークマンを聴き歩く今どきのスタイルであったが、のちにスーツスタイル、更に青ジャケットに蝶ネクタイへと変化していく。終始軍団のコメディリリーフとして活躍。

第76話「灼熱の追跡」

ジョーが不注意からボツリヌス菌に侵され、犯人が菌を海中へばら撒くところを命がけで阻止するが菌に侵され完全体ではないジョーは苦戦する…

ジョーが度重なるミスから辞表を大門に出そうとするが谷さんに見つけられ、谷さんがジョーを叱るシーンがなんとも情け深く印象的。

第84話「危険な女」

イッペイが事件で若い女性を負傷させてしまい、病院でつきっきりになってようやく彼女らに認められる矢先に、彼女はまたしても何者かに撃たれてしまう。どうやら彼女は事件に絡んでいるようで…

第88話「バスジャック」

大門の妹・明子が乗り込んだバスがジャックされ長い焦燥の時が過ぎる…。

大門と明子の無言のコンタクトが普段いがみ合っている兄妹関係からは想像がつかいほど信頼で結ばれている感があり、また明子を助けた後の大門のきつい抱擁に「兄貴…痛いよ」の明子の言葉に泣ける。

第93話「氷点下の激闘」

リキが冷凍倉庫に閉じ込められながらの激闘。冷凍倉庫で戦う犯人役に長塚京三。

第101話「甦れ、ヨタロー」

イッペイが知り合ったたびたび嘘をつくヨタローと呼ばれる若者に振り回される。ヨタロー役にはまだ駆け出しの林家正蔵(当時・こぶ平)で、イッペイ役の峰とは義兄弟で共演となった。

第104話「栄光への爆走」

大物女優である高峰三枝子をゲストに迎えた回。あるカーレーサーの若者は彼女の本当の息子だが名乗り出ることができず、その息子に犯罪を重ねさせまいと犯人と対峙し彼女は殺されてしまう…

千葉真一の弟である矢吹二朗がカーレーサー役で出演、彼が運転する車が運河を超えて大ジャンプ、後のOPにも使用される番組屈指の名シーンはこの回で生まれた。

第109話「西部最前線の攻防(前編)」
第110話「西部最前線の攻防(後編) 」

年頭の九州ロケ以来の前後編で、81年の最後を飾る。

1年半前にタツ役で殉職し番組を離れていた舘ひろしが鳩村刑事(ハト)役として復帰。同じドラマに別名の刑事役でレギュラー復帰するのは極めて異例。鳩村は特機隊の隊長としての役を与えられ、次の回登場の放水する特車「サファリ」はゲンが主に操ることとなる。

船から放ったミサイルが岸壁へ直撃するシーンも後のOPに使用されたが、このミサイルはこの回で登場。

Dscf0217
鳩村英次(舘ひろし) …PARTⅠ109話~PARTⅢ最終話。特機隊の隊長として大門の要請で加入した刑事。アメリカでSWATの特殊訓練を積み戦闘能力に長けた男。アメリカ帰りの為、すぐに英語が出てきて当初捜査課の刑事、特にゲンとはソリが合わなかったが次第に馴染み、PARTⅠではリキやゲンの陰に隠れはみ出し気味の感があったが、PARTⅡ以降は中心刑事として活躍していくこととなる。

第117話「眼を開け!カウボーイ 」

大都会PARTⅢで若手刑事トラを演じた星正人がゲスト出演。ハトと殴り合いから奇妙な友情で結ばれ、2人で犯人たちから逃げ切ろうとするが…

第121話「無法の街に愛と勇気を! 」

ヤクザに占領され好き放題にされてしまった街に平和を取り戻そうと谷さんと青年は立ち上がるが、青年はヤクザの報復であっさり殺されてしまう…

「太陽にほえろ!」ジーパン期の「その灯を消すな」によく似たストーリー。

第123話「1982年春・松田刑事 絶命 」

前の回で大門から本庁への栄転を告げられたリキ。大門軍団の刑事でいたい、団長の下で働き続けたい、というリキに大門は「松田軍団をつくってくれ」と言う、その狭間で揺れ続けるリキ。そんな中で犯人から男の釈放要求があり、飲まないと爆破するという。その爆弾のありかをめぐって栄転の為大事をとって捜査をはずされたリキが手掛かりを得て、大門たちのいる銃撃戦の中へ車で突っ込む、マシンガンで穴だらけになりながら更に車を進めるリキ。車を降りて大門に爆弾の場所を告げるリキだが、その直後大門に撃たれたはずの犯人が、最後の力を振り絞りマシンガンを乱射、これがリキに命中し、あっという間に蜂の巣にされ、血を吐いて倒れこむリキ…

リキの2年半にわたる活躍に終止符。大門軍団の中心刑事として欠かせない存在だったリキの死は軍団にとって大きな痛手となり、精神的にもかなりの痛手となった。

Dscf0220 Dscf0226 Img_20171027_230453

第124話「木暮課長・不死鳥の如く 今 」

大門軍団の力強い片腕のリキが殉職し、憔悴しきった刑事たち。

そこへ療養中だった木暮課長が戻ってきて、大いに盛り上がる大門軍団。そんな中、リキのやり残した事件が浮上し、彼はある犯罪者の娘に「ブラジルにいるあしながおじさん」をやっていた。その娘に仲間の犯罪者の手が伸び、腹を撃たれて重傷を負いながらもゲンはリキが気にかけていた彼女を必死に守り通した。やがて大門はその娘に、ブラジルのおじさんが松田刑事である事、そしてその松田刑事が数日前に殉職した事を告げた。

ゲンがリキに代わって少女を守り抜く姿が長いシリーズでも随一の感涙シーンといっても過言ではない、と個人的に思う回です。

PARTⅠはここをピークに、あと2話を放送して終了しました。あまり最終回らしくないラストで。

西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信 見てみたい話②

前記事の西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信  に続いて、

この機に見ておきたい西部警察のストーリー、今回はPART1第31話から第74話までのピックアップです。

第31話「新人リューが翔んだ」

タツ殉職に意気消沈の大門軍団に後任の刑事・桐生一馬がやってきた。しかし軍団のメンバーはタツの死を悼むばかりで、桐生の事に関心がない様子。桐生は大門軍団に大きな手土産をしようと捜査に張り切るが、個人プレーに走り大門に殴られる。

番組初の新刑事登場編。また番組OPでレギュラーキャストの役名が表示されたのもこの回から。それまでは大都会シリーズ同様役者名のみの表示で、苅谷俊介・五代高之は2名同時に表示されていた。

Euam8yeuyaee6da
桐生一馬(加納竜) …PARTⅠ31~74話。殉職した巽刑事の後任として西部署へ赴任。車が大好きでドライビングテクニックに長け、のちに登場するマシンXを最初に操ったのも彼である。やや気障な性格で単独捜査に走りがちで、事件で大けがをすることも多い。PARTⅠ第74話でインターポールへの出向が決まり研修に出るため西部署を去る。PARTⅠの初回・最終回のいずれにもいない刑事は彼だけである。

第35話「ゲーム・イズ・オーバー」

リキとゲンのコンビ主役の回で、彼らの抜群の掛け合い・コンビネーションが存分に活かされた回。

捜査でゲンと共に訪ねたあるブティックのマダムと良い仲になったリキだが、捜査の情報が筒抜けになり、やがてその女性が犯罪に絡んでいることを知る…

Himg0391

第45話「大激走・スーパーマシン」

タツが殉職して以来、パトカー以外さして戦力のなかった大門軍団に新車両が登場、その名も「マシンX」。

最新機器を搭載し、レーダーを放って離れた位置の車両を検知したり、警察のホストコンピューターと繋ぐなど当時の技術の粋を結集したといわれ、その後大門の愛車として活躍を続ける事となる。

第47話「笛吹川有情」

番組初の地方ロケが山梨県で敢行される。

それほど派手なものでもなく、大規模な破壊があったわけでもないが、記念すべきロケの初作という事で。

第54話「兼子刑事暁に死す」

番組スタート1年を迎えた頃に、タツに続きジンが2人目の殉職者となる。

当初この番組は半年26本の予定だったといい、予定通りならタツの殉職もなかったというが、舘ひろしの契約が半年であったため、殉職の形で卒業し、更に1年を超えたため、ジンも殉職になったという。

ジンは婚約した女性の為に大張切りしていたが、捜査中の事件に彼女の父親が絡んでおり、そこから捜査情報が漏れ、ジンは彼女の父親を訪ねるも共に狙撃され、肩を負傷しながら単身取引現場へ向かうジン。大門らの到着が待ちきれず、単身で多くの犯人に立ち向かうが、白いシャツを真っ赤に染めて皆に看取られながら若い命を燃やした。

Images-20
ジンの殉職後のカット。
前の殉職者で既に番組を離れていた舘ひろしが「弟分」の卒業を労いにやってきたという。

第55話「新人ジョーの夜明け」

ジンが殉職し、代わって白バイ隊出身の北条卓が西部署へ配属された。

しかしこの北条、何かを隠しているようで頑なに心を開こうとせず、西部署の捜査にもろくに参加しない。彼には東部署時代のケリをつけなければならない事があった…

Dscf0233
北条卓(御木裕) …PARTⅠ55話~PARTⅢ最終話。殉職した兼子刑事の後任として東部署より配属。白バイ隊出身で、空手など複数の武道の有段者。頑なな性格で若気の至りで突っ走ることが多く、その度ごとにピンチを招いている。犯人逮捕時に回し蹴りを駆使し、軍団に本格的なアクションをもたらした存在。最終回時点で、木暮や大門を除く途中加入では最も古くからいた刑事でもある。

第64話「九州横断大捜査網!!」
第65話「博多港決戦!!」

第47話に続く地方ロケ第2弾であるが、実質的に初めてといって良い本格的な地方ロケで、初回の「無防備都市」以来の前後編でもある。

この回の劇中、パトカーが転がっているパトカーの上から飛ぶシーンは後のPARTⅡのオープニング冒頭に使用され、同じオープニングで大きな建物が吹っ飛ぶシーンもこの回のもの。

第67話「狙われた木暮課長」

いつもは刑事たちがメインだが、木暮課長がメインの数少ない回。

木暮課長がかつて取り逃がした犯人が復讐の牙をむき、大門も大けがをした。木暮は重傷の大門の必死の制止を振り切り、大門を殴り飛ばして犯人のもとへ。

第74話「出発(たびだち)」

31話で登場したリュウの最終回。インターポールの研修が受けられる試験に、狭き門の中からリュウが選ばれる。事件で張り込み中に電話をしていたリュウ、犯人を取り逃がすもととなり意気消沈するが、そのミスを挽回しようと躍起になる。しかし犯人に銀行強盗をさせられながら犯人と対峙し、必死の捜査で無事に犯人を逮捕。空港で大門を除く仲間に見送られリュウはインターポールへ旅立った。

2020年10月17日 (土)

西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信

昭和50年代を席巻した大人気刑事ドラマ「西部警察」のシリーズ全話が、動画サイトのGYAO!にて番組スタート日である10月14日から1週間限定で配信されています。

というニュースを見たので、見れるものから見ています。

https://gyao.yahoo.co.jp/episode/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E8%A5%BF%E9%83%A8%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%80%80PART-I%E3%80%80%E7%AC%AC1%E8%A9%B1%E3%80%80%E7%84%A1%E9%98%B2%E5%82%99%E9%83%BD%E5%B8%82%EF%BC%88%E5%89%8D%E7%B7%A8%EF%BC%89/5f756c30-ad02-402b-93b3-8037f92628f1

西部警察は、今の時代では(当時でも)考えられないほどのスケールの大きいド派手な銃撃戦、カーアクションや大規模な爆破などで「テレビドラマの枠を超えたドラマ」と評され、映画で見るような大活劇をテレビドラマで毎週見るような、それは贅沢なものでした。今年の春ごろ?パート1(当時の正式タイトルは「西部警察」)の全126話が5話程度ずつ1週間ほど配信されていて、これをずっと見ていましたが、配信が終了してから寂しいものでした。

今回の配信もあと3日で終わってしまいますが、この機に見ておきたい!と個人的に思ったものをあらすじと共にお送りしたいと思います。(ネタバレ注意!) 

まずはPARTⅠ(「西部警察」)から、1話から30話まで。

第1話「無防備都市(前編)」
第2話「無防備都市(後編)」

1979年10月14日に放送された記念すべき初回は前後編の2話形式で、初回からこのドラマのスケールの大きさをまざまざと見せつけてくれました。

東京の街なかに突如大きな戦車を走らせて、犯人の要求を聞き入れなければ戦車がミサイルをぶっ放したり、踏みつぶしたりで街のあちこちを破壊するという、通常の刑事ドラマでは考えられないスケールのストーリーでした。

西部警察は来年、実質会社を清算するという石原プロモーションの作品で、その直前までやはり同じ刑事ドラマである「大都会」シリーズが放送され、やはりド派手なアクションドラマとして人気を博していましたが、これとは桁違いのスケールを西部警察では初回から展開し、ここで完全にこのドラマの方向性を決定づけました。

そしてこの回は同時に、番組の主役である石原裕次郎演じる木暮捜査課長の西部署への赴任回でもありました。

043_o
木暮謙三(石原裕次郎) …西部署捜査課長。エリートコースを突き進んできたが、現場志向が強く、シリーズ初回で西部署へ赴任。以後、シリーズ全回を通して捜査課の精神的支柱として大門はじめ部下たちを全面的にバックアップしていく。

Himg0056

大門圭介(渡哲也) …部長刑事。西部署捜査課の「大門軍団」と称される猛者集団を束ね「団長」と称されるこの番組の実質的な主人公。寡黙ながら厳しく温かい心の持ち主で、推理力もあり射撃をはじめとする様々な戦闘能力に長ける行動派でもあり、毎回ショットガンを携えて悪を倒す。シリーズの最終話であるPARTⅢの最終話で劇的な最期を遂げる。

第4話「マシンガン狂騒曲(ラプソディー)

工場から大量の拳銃が奪われ、その犯人は撃たれてしまい、連れていた女性が連行されるが黙秘。タツが女性宅へ乗り込んだが、犯人の仲間が押し入り、タツと彼女を拉致。彼女は射殺され、タツは断崖から海へ飛び込み…

Images-33

巽総太郎(舘ひろし) …RARTⅠ1~30話。権威権力が大嫌いなワイルドで気性の荒い武闘派。他の刑事たちと違いハーレーダビッドソンを乗り回す型破りな刑事。PARTⅠ第30話で爆弾を仕掛けたバスを見つけ犯人の車をぶつけられ瀕死の体で爆弾を取外し投げるが、大門の目の前で爆風に晒され、最初の殉職者となった。

第7話「暴走刑事を撃て」

リキが事件に巻き込まれ記憶喪失に陥り、かつ殺人犯の容疑もかけられ、警察官が来ると逃げ回ったり、仲間の刑事を盾に発砲するなどの暴走を繰返した上に立て籠もり、やがて本庁からリキの射殺命令が下される…

Himg0044

松田猛(寺尾聰) …PARTⅠ1~123話。西部署捜査課刑事の中心的存在で、若手のリーダー格。沈着冷静で射撃能力が高く、爆弾処理をはじめとするメカニズムにも強く、大門の力強い右腕として長く活躍。クールな風貌でマグナムをぶっ放し、スリムで走る姿もカッコ良い。PARTⅠ第123話で大門たちに爆弾のありかを告げて窮地を救ったが、敵のマシンガンで蜂の巣にされる壮絶な殉職を遂げる。

第9話「ヤクザ志願」

ヤクザに憧れるボクサー崩れの若者(岩城滉一)とゲンの衝突を繰り返しながらも、やがて若者はヤクザ世界の現実を知る…

岩城滉一ゲスト回はゲンがメインの話がこの後にもあり、隠れた名コンビと個人的に思わされます。

Himg0001

源田浩史(苅谷俊介) …PARTⅠ1~126話。角刈りにヒゲ面でタツとはまた違ったワイルドな風貌の刑事。考える事は全くダメでひたすら体力にモノを言わせて行動するタイプ。強面とは裏腹に情に厚く涙脆い性格から事件に巻き込まれやすく,また仲間の死を誰よりも悲しんだ。拳銃はサウスポーでウエスタンスタイルが特徴的。PARTⅠ全話出演し終了と共に退場。

第13話「大門危機一髪」

大門自身がメインとなる初の回で、大門が拉致され、西部署に組長を海外逃亡させるよう要求が来た。徹底的に痛めつけられる大門…

第17話「地獄から還った刑事」

ジンが拉致された挙句に銀行強盗をさせられ、加えてシャブ漬けにされ海中に沈められるちいう救いようのない話の中で、立ち直っていく。

第19話「蘇える一弾」も事件でスーパーの客を負傷させたジンは拳銃恐怖症になりながら勇気を振り絞り…という新人らしいエピソードが続きますが、ジン活躍回はかなり少ないです。

Himg0054
兼子仁(五代高之) …PARTⅠ1~54話。新人刑事(と思われる)。刑事としてのキャリアが浅く、未熟な面が多々描かれるが大門はじめとする先輩刑事たちに支えられながら持ち前のガッツで刑事として成長していく姿も描かれた。猛者揃いの大門軍団にあって唯一の清涼剤的なさわやかな存在でもあった。PARTⅠ第54話で、取引現場を押さえ単身で多くの犯人たちと立ち向かい銃撃戦の末に散った。

第26話「友情の捜査線」

数少ない二宮係長メインの回。普段は大門軍団を責め立て、こきおろす役回りの係長であるが、彼もまた立派な刑事である事が描かれた作品。

043_o-2
二宮武士(庄司永建) …西部署捜査係長。PARTⅠ1話~PARTⅡ14話。大門の上司は木暮課長と思われがちだが、直の上司は誰あろうこの二宮係長である。大門の上司にして木暮の部下であるという中間管理職の典型。とかくマスコミの餌食にされがちな大門軍団にヒヤヒヤしながら怒ったりけなしたりしているが、本当は彼らと同じ想いでいる。「だーいもんくぅーん」の高音はあまりに有名。PARTⅡ第14話で退職し、弁当屋へ転身。

 

第28話「横浜ベイ・ブルース」

タツ最後の活躍回。事件のカギを握る女性をガードするタツが犯人一味に襲われながらも、大門の助けで事件を解決していく。

第29話「島原の子守唄」

おやっさんと呼ばれる谷さんのメイン回。ベテランの谷さんでもメインの回は壮絶なものが多く、刺されたり血まみれになったり、

043_o-3
谷大作(藤岡重慶) …PARTⅠ1~126話。捜査課のベテラン刑事で「おやっさん」と呼ばれる。大門が刑事のキャリアをスタートした頃に彼を徹底的に鍛え上げた旧知の人物。若い者には負けない、とファイトを燃やし現場へ率先して赴く行動派であり、年齢的な経験を積んでの推理力にも長けている。PARTⅠの終了と共に退場。

第30話「絶命・炎のハーレー」

タツ殉職回。冒頭でタレコミから爆弾製造をしているというアパートへ向かったリキとタツ。しかし仲間によりリキが背後から撃たれ重体に陥る。リキが生死をさまよう中、タツは大門の言葉に奮い立ち捜査に戻る。爆弾を仕掛けられたバスを発見したタツはバスを止めようとするが、犯人たちの車がタツのハーレーに突っ込み、タツはかわすために路地端へ突っ込み、その際にバックミラーが胸部に突き刺さる。血まみれの体でバスから爆弾をはずしたタツはヨロヨロとした足取りで爆弾を投げる場所を探し、駆け付けた大門が付近の子供たちを庇ったのを確認し爆弾を投げたが…

重体だったリキは持ち直したが、タツはリキ以外の刑事たちに運ばれている途中に息絶えた。ワイルドな男が愛車ハーレーだけを残して壮絶に散っていった…

Himg0374 Himg0380

2020年10月 4日 (日)

北海道の旅をご覧ください

7月以来更新していなかった当ブログですが、1年更新せずに放置すると、記事の追加・編集ができなくなるというので、慌てて更新しました。

■長期未更新のブログについて

 

といっても、写真を載せてなんぼのこのブログで、もう写真がいくつも載せられない状況では、更新もままならないものがあります。

以下に後継ブログを立ち上げてはいるものの検索流入は少なく、PVはいまだにこの更新していないブログ頼みの状況であり、今後はこのブログでも写真を使わない、ニュースに関する雑事などで更新を続けたいと思います。

続トラベルとかナントカ

続々トラベルとかナントカ

 

そんな訳で今回は、北海道の駅/旅記事のカテゴリのものを貼りますので、またもプレイバックになりますが、北海道を旅した気分に少しでもなって頂ければ!と思います。

01北海道

中でもこの記事は長く愛していただいたなと思います。

http://lefthand.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-cf85.html

« 2020年7月 | トップページ | 2020年11月 »