2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信 見てみたい話② | トップページ | 兵庫県の心配なニュース »

2020年10月18日 (日)

西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信 見てみたい話③

西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信

西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信 見てみたい話②

につづく3記事目です。

今回はPARTⅠ75話から最終話までです。

第75話「平尾一兵・危機一髪」

リュウがインターポールへ出向後、後任としてやってくるはずの平尾一兵という男、二宮係長の推薦によるエリートとの触れ込みだが、時間になっても現れず、捜査課の刑事たちは「大門軍団に怖気づいたか…」と言うが、その頃平尾は銀行強盗が逃げ込んだ近くの喫茶店で人質になっていた…

峰竜太演じる平尾刑事の登場編。峰は寺尾聡や苅谷俊介と違い大都会からのスピンオフでそのまま西部警察出演とならなかったが、番組スタート1年半を経てようやく軍団に再合流となった。

Dscf0036
平尾一兵(峰竜太) …PARTⅠ75話~PARTⅢ最終話。レンジャー部隊出身で硬派と思いきや、西部署で異色のナンパ刑事。女性とみるやすぐ電話番号を聞き出そうとする男。当初はアイビールックにウォークマンを聴き歩く今どきのスタイルであったが、のちにスーツスタイル、更に青ジャケットに蝶ネクタイへと変化していく。終始軍団のコメディリリーフとして活躍。

第76話「灼熱の追跡」

ジョーが不注意からボツリヌス菌に侵され、犯人が菌を海中へばら撒くところを命がけで阻止するが菌に侵され完全体ではないジョーは苦戦する…

ジョーが度重なるミスから辞表を大門に出そうとするが谷さんに見つけられ、谷さんがジョーを叱るシーンがなんとも情け深く印象的。

第84話「危険な女」

イッペイが事件で若い女性を負傷させてしまい、病院でつきっきりになってようやく彼女らに認められる矢先に、彼女はまたしても何者かに撃たれてしまう。どうやら彼女は事件に絡んでいるようで…

第88話「バスジャック」

大門の妹・明子が乗り込んだバスがジャックされ長い焦燥の時が過ぎる…。

大門と明子の無言のコンタクトが普段いがみ合っている兄妹関係からは想像がつかいほど信頼で結ばれている感があり、また明子を助けた後の大門のきつい抱擁に「兄貴…痛いよ」の明子の言葉に泣ける。

第93話「氷点下の激闘」

リキが冷凍倉庫に閉じ込められながらの激闘。冷凍倉庫で戦う犯人役に長塚京三。

第101話「甦れ、ヨタロー」

イッペイが知り合ったたびたび嘘をつくヨタローと呼ばれる若者に振り回される。ヨタロー役にはまだ駆け出しの林家正蔵(当時・こぶ平)で、イッペイ役の峰とは義兄弟で共演となった。

第104話「栄光への爆走」

大物女優である高峰三枝子をゲストに迎えた回。あるカーレーサーの若者は彼女の本当の息子だが名乗り出ることができず、その息子に犯罪を重ねさせまいと犯人と対峙し彼女は殺されてしまう…

千葉真一の弟である矢吹二朗がカーレーサー役で出演、彼が運転する車が運河を超えて大ジャンプ、後のOPにも使用される番組屈指の名シーンはこの回で生まれた。

第109話「西部最前線の攻防(前編)」
第110話「西部最前線の攻防(後編) 」

年頭の九州ロケ以来の前後編で、81年の最後を飾る。

1年半前にタツ役で殉職し番組を離れていた舘ひろしが鳩村刑事(ハト)役として復帰。同じドラマに別名の刑事役でレギュラー復帰するのは極めて異例。鳩村は特機隊の隊長としての役を与えられ、次の回登場の放水する特車「サファリ」はゲンが主に操ることとなる。

船から放ったミサイルが岸壁へ直撃するシーンも後のOPに使用されたが、このミサイルはこの回で登場。

Dscf0217
鳩村英次(舘ひろし) …PARTⅠ109話~PARTⅢ最終話。特機隊の隊長として大門の要請で加入した刑事。アメリカでSWATの特殊訓練を積み戦闘能力に長けた男。アメリカ帰りの為、すぐに英語が出てきて当初捜査課の刑事、特にゲンとはソリが合わなかったが次第に馴染み、PARTⅠではリキやゲンの陰に隠れはみ出し気味の感があったが、PARTⅡ以降は中心刑事として活躍していくこととなる。

第117話「眼を開け!カウボーイ 」

大都会PARTⅢで若手刑事トラを演じた星正人がゲスト出演。ハトと殴り合いから奇妙な友情で結ばれ、2人で犯人たちから逃げ切ろうとするが…

第121話「無法の街に愛と勇気を! 」

ヤクザに占領され好き放題にされてしまった街に平和を取り戻そうと谷さんと青年は立ち上がるが、青年はヤクザの報復であっさり殺されてしまう…

「太陽にほえろ!」ジーパン期の「その灯を消すな」によく似たストーリー。

第123話「1982年春・松田刑事 絶命 」

前の回で大門から本庁への栄転を告げられたリキ。大門軍団の刑事でいたい、団長の下で働き続けたい、というリキに大門は「松田軍団をつくってくれ」と言う、その狭間で揺れ続けるリキ。そんな中で犯人から男の釈放要求があり、飲まないと爆破するという。その爆弾のありかをめぐって栄転の為大事をとって捜査をはずされたリキが手掛かりを得て、大門たちのいる銃撃戦の中へ車で突っ込む、マシンガンで穴だらけになりながら更に車を進めるリキ。車を降りて大門に爆弾の場所を告げるリキだが、その直後大門に撃たれたはずの犯人が、最後の力を振り絞りマシンガンを乱射、これがリキに命中し、あっという間に蜂の巣にされ、血を吐いて倒れこむリキ…

リキの2年半にわたる活躍に終止符。大門軍団の中心刑事として欠かせない存在だったリキの死は軍団にとって大きな痛手となり、精神的にもかなりの痛手となった。

Dscf0220 Dscf0226 Img_20171027_230453

第124話「木暮課長・不死鳥の如く 今 」

大門軍団の力強い片腕のリキが殉職し、憔悴しきった刑事たち。

そこへ療養中だった木暮課長が戻ってきて、大いに盛り上がる大門軍団。そんな中、リキのやり残した事件が浮上し、彼はある犯罪者の娘に「ブラジルにいるあしながおじさん」をやっていた。その娘に仲間の犯罪者の手が伸び、腹を撃たれて重傷を負いながらもゲンはリキが気にかけていた彼女を必死に守り通した。やがて大門はその娘に、ブラジルのおじさんが松田刑事である事、そしてその松田刑事が数日前に殉職した事を告げた。

ゲンがリキに代わって少女を守り抜く姿が長いシリーズでも随一の感涙シーンといっても過言ではない、と個人的に思う回です。

PARTⅠはここをピークに、あと2話を放送して終了しました。あまり最終回らしくないラストで。

« 西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信 見てみたい話② | トップページ | 兵庫県の心配なニュース »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西部警察 シリーズ全話 Gyao!で1週間限定配信 見てみたい話② | トップページ | 兵庫県の心配なニュース »