2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 生活と思い出と世の中と(1985年③) | トップページ | 生活と思い出と世の中と(1984年①) »

2023年10月22日 (日)

生活と思い出と世の中と(1985年④)

遡って振り返る、「生活と思い出と世の中と」。63回目は1985年の第4回です。

この年に見た再放送のドラマについて綴ります。

 

●ドラマ(再放送)

「必殺仕置人」

 …初めて見た必殺シリーズがこの作品でした。1973(昭和48)年放送で、この当時から見ても12年前で、当時15歳の身としては遥か昔の作品、という感じでした。すごく古すぎる感があった、というか。なんとなく知っていた山崎努さんの顔と名前が完全に一致しました。既に故人となっていた沖雅也さんが若くてかっこよかった印象が強かったです。
 そしてなんといってもこの作品は、藤田まことさんが中村主水として初出演した作品でしたが、その主水は主演ではなかったことが驚きでした。

「虹のエアポート」

 …1975(昭和50)年放送で、当時のサンテレビでは大体10年前のドラマを午後4時に再放送していて、古いドラマ大好きな中学生には「宝庫」でした。あまり見れなくて桜木健一さんが主演していた飛行機モノぐらいな記憶しかありません。

「青春諸君・夏」

 …1980(昭和55)年放送で、タイトル通り「夏」に再放送されました。
 田中健さんの主演で、寮が舞台ですが、登場人物のほとんどが「杉下」というもので家族ではないけど家族のようなドラマでした。
 1989(平成元)年、大学生の時に下宿先でも再放送で見れました。

「ゆうひが丘の総理大臣」

 …何度か再放送していた記憶がありましたがちゃんと見たことがなく、前年1984(昭和59)年もやっていた覚えがありますが、途中で高校野球か何かで放送されなくなり、再開もされないままでした。そのリベンジか分かりませんが、この年はフルで再放送され、また自身もちゃんと見ました。
 似たような作品を1982(昭和57)年の夏に見ていましたが、それは「青春ド真中!」で、その後にこの番組が再放送されていたはずですが見れていませんでした。由美かおるさんや岡田奈々さん、篠ひろ子さんなどこのドラマで顔と名前が一致しました。

「TOKYO DETECTIVE 二人の事件簿」

 …1975(昭和50)年放送の刑事ドラマで、先述の「虹のエアポート」の次にサンテレビで再放送されました。
 「二人の事件簿」って何か聞いたことあるな、昔再放送で見たものか?と記憶と全然違ったもので、初見なのだろうか?と思いながら時々見ていました。植木等さんがヒゲを生やしていたのが印象的で大泉滉さんと混同してしまっていました(笑)

「新二人の事件簿・暁に駆ける」

 …「二人の事件簿」の続編です。続編があったというのをこの時初めて知りました。と同時に、昔おぼろげな記憶があった「二人の事件簿」とはこちらの方でした。主題歌である「暁に駆ける」(牧美智子さん)のメロディーがおぼろげな記憶にヒットしました。
 どちらもレギュラー陣はほぼ同じですが、毒蝮三太夫さん演じる鬼塚刑事が出ているのが本作の大きな違いです。毒蝮さんをウルトラマンシリーズ以外のドラマで見たのは、個人的にこの作品くらいですね。

 主人公である二人は篠田三郎さんと高岡健二さんですが、キャスト紹介で前作では○○刑事でしたが、今作ではこの二人のみがフルネームで、よりバディ色の強い感がありました。

「大非常線」

 …千葉真一さん主演の刑事ドラマで1976(昭和51)年放送作品でした。先述「新二人の事件簿・暁に駆ける」が終了してサンテレビで放送されました。次回番組紹介で「大非常線」と出ていて、当初は(自分の知っていた)「大捜査線」じゃないのか?と思いましたが、これとは全く別の作品があった事を知りました。

 たった10回だけの放送で最終回は「高山刑事殉職」とあり、高山刑事は主演の千葉さんなのか?それも分からず、また学校に行ってて再放送も見れずにあっという間に終わりました。毎回レギュラー陣がフルに出てなくて誰か欠場してるな、というのがほんの数回だけ見た時の感想でした。

「俺たちの旅」

 …これもサンテレビで再放送していました。それまでおそらく読売テレビ何度も再放送していたであろうと思いますが、興味がわかなかった事もあり、この時もそんなに見たいと思っていませんでした。「ゆうひが丘の総理大臣」などのような中村雅俊さんのドラマだろうぐらいな感じでした。

この当時、秋にこの番組の10年後を描いた「10年後の再会」が放送され、この番組の存在をはっきりと知りました。それから程なくこの再放送が始まり、なんとなく見ていたらものすごくハマりました!それまで大して興味のなかった「青春ドラマ」大好き人間に変わり、中三で受験期でもあり将来の事を少なからず考えていた頃でもあり「人生とは?」の問いに答えをくれたようなドラマでした。

「太陽にほえろ!」

 …当時まだ放送中でしたが、昔の時期の再放送で、そしてこの時初めて朝の再放送となりました。
 朝の10:25~再放送されても、今みたいにビデオもないし見れるはずもありませんでした。

 それまでずっと午後4時、学校帰ってから見てたのに、なんで朝??ずっと思っていました。
 これ以降、午後に再放送する事はなく、朝の再放送だけになってしまい、翌年には番組も遂に終わってしまう事となります。

「西部警察PARTⅡ/PARTⅢ」

 …本放送をバリバリ見ていたので、ここで殊更に書かなくてもという感じですが、毎日昼間に見れるのはやはり嬉しかったですね。

 

↓当時の新聞テレビ欄です

1985tv

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

« 生活と思い出と世の中と(1985年③) | トップページ | 生活と思い出と世の中と(1984年①) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活と思い出と世の中と(1985年③) | トップページ | 生活と思い出と世の中と(1984年①) »