2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 笠原桃奈さん てっぺんおめでとう! | トップページ | 旅記事総集編 »

2023年12月29日 (金)

生活と世の中と思い出と(1983年①)

遡って振り返る、「生活と思い出と世の中と」。68回目は1983年の第1回です。

今から40年前、当時小6から中1になる年でしたが、この年のニュースにまつわる思い出を綴りたいと思います。

 

●ニュース

中川一郎氏死去

 …中曾根康弘氏らと共に総裁選を争った議員で、前年末結局中曾根氏が首相となりましたが、その直後の自殺(当時はそう報じられていましたが、後年そのあたりがぼやかされています…)で、選挙で敗れて自殺したのかな、、と小学生ながら思っていました。息子・正一氏も酩酊状態で会見し、程なく早世しており、親子にわたり酒がらみの謎の死を遂げていて、未だにすっきりしない部分があります。

・萩原健一氏逮捕

 …俳優の萩原健一氏が大麻取締法違反で逮捕されました。「太陽にほえろ!」の大ファンなだけにショックでした。映画界に進出し、テレビの人ではなくなってしまった感のあった「ショーケン」は昔とは別人に見えた覚えがあります。その後何度も警察沙汰になり、マスコミの恰好の餌食になり、その度ごとに話題になっていました。

清水健太郎氏逮捕

 …この時期は有名人の麻薬がらみの逮捕が相次ぎ、萩原氏の逮捕から1ヶ月も経たないうちの逮捕劇でした。「Gメン'82」の刑事役出演が終わった直後の事で、これまたショックでした。その後復帰しましたが、復帰、逮捕を繰り返してTVで見なくなってしまいました。

・統一地方選挙

 …各自治体の首長選挙が各地で実施され、うちの地元も県会議員・市会議員等の選挙がありました。
 学校からの帰り道のあちこちに選挙前の決起集会とかのポスターが貼られ、選挙というものに興味関心を持った時期でした。うちの伯父も市会議員選挙に出ていて、プレハブ建ての選挙事務所ほお邪魔したり、その伯父の自宅で当選の瞬間を本人と一緒に親戚一同見ていました。4位だったかで上位当選し、「今の心境は?」とエアでマイク向けたのを覚えています。

サラリーマン新党結成

 …当時あった「新自由クラブ」「社民連」などのミニ政党に続くように結成されました。「サラ新」と称され、2010(平成22)年まで存在していたといいますが、1992(平成4)年以降は具体的な政治活動をしていなかったといいます。こういうミニ政党が選挙で議席を伸ばすか?とかその度ごとに興味深く見ていたものでした。

・エースコック「わかめラーメン」発売

 …石立鉄男氏による「おまえはどこのワカメじゃ?」のフレーズがインパクトの大きかったCMが有名でしたが、この年の発売でした。

・福本豊選手が盗塁世界記録達成

 …阪急・福本豊選手が通算939盗塁の世界新記録(当時)を樹立し、「世界の福本」となりました。
  国民栄誉賞受賞の打診もありましたが、本人が固辞した時の「そんなんもろたら、立ちションでけへんようなる」の言葉も有名でした。

・戸塚ヨットスクール校長逮捕

 …スパルタ教育が過ぎて、訓練生の死亡、行方不明等が相次ぎ社会問題となった「戸塚ヨットスクール事件」はワイドショーに連日取り沙汰されていました。その校長が逮捕され報道が過熱していました。

・沖雅也氏自殺

 …当時母親に、当日の夕刊を差し出されて「中見てみ?」と言われるがままに開いたら、沖雅也さんの自殺記事が載っていて衝撃的すぎました。「太陽にほえろ!」のスコッチ刑事としてあまりに親しみある存在だったので。ホテル47Fからの投身自殺という事で、その後養父が頻繁にTVに出て色々と取材され、「おやじ涅槃で待つ」のフレーズが有名になりました。人気俳優の31歳での自殺…当時仲でしたがかなり衝撃を引きずっていました。

・KKコンビ大活躍

 …PL学園の桑田真澄・清原和博の両1年生選手が大活躍しPLが夏の甲子園で優勝しました。
 それまでは「やまびこ打線」の池田高校が優勝候補最有力で、畠山準、水野雄仁といった投手が甲子園を沸かせてきましたが、KKコンビは甲子園の常連となりプロでも大活躍して、本物であることを証明する事となります。

・社会党委員長 交代

 …社会党の委員長が飛鳥田委員長から、石橋雅嗣氏へと交代となりました。
 自分の記憶にある社会党の委員長は飛鳥田氏からで、初めて交代のニュースを見ましたが、この石橋氏の顔が印象的でした。

・「アップダウンクイズ」司会交代

 …長寿番組として知られた「アップダウンクイズ」。この年で放送20年を迎えていましたが、長年司会を続けてきたMBS(毎日放送)アナウンサーの小池清氏がこの年にて番組を降板し、後任はナント俳優の西郷輝彦氏が登場したのでびっくりしました。やはり小池氏の印象が強いので、違和感がありましたが、それから2年経って番組自体も終了となりました。

・ロッキード事件・有罪判決

 …田中角栄元首相が罪に問われた事件、ぐらいの認識しかありませんでしたが、当時政治家はいい人で犯罪をするなんて考えられない、とおもっていたぐらいには子供でした(笑) 執行猶予とか全然意味分かってなかったですが、とにかく元首相の有罪判決がすごいニュースになっていたのを覚えています。
 それよりもっと驚きは、その後も選挙に出てトップ当選を果たしていた事です。今では絶対考えられない事ですが、当時は逮捕歴があろうが人の心を掴む存在は「支持される」みたいな感じでしたね。

・花王「バブ」発売

 …「花王・愛の劇場」の昼帯ドラマのCMなどでよく見ましたが、お風呂に投下してシュワーッと泡が出ていく、見てるだけでポカポカしてきそうで画期的でした。♪バハバ、バーブ…のフレーズが自分の脳内でよく再生されます(笑)

・巨人・王監督就任

 …巨人の王貞治助監督が3年間の助監督生活を終え、藤田元司監督の退任に伴い巨人の監督に就任しました。

 現役を引退して、コーチを経ずに「助監督」というポストは王氏以外に見た事がなく画期的で、投手交代の時はよく背番号1のままでマウンドへ向かって行ったのを覚えていますが、「ついに監督になったか」という感じでした。

・アキノ氏暗殺

 …フィリピンのベニグノ・アキノ上院議員がマニラの空港で飛行機のタラップを降りる時に、銃により暗殺されるシーンがTVで流れて衝撃的でした。事件の背景は全然理解できていませんでしたが、単純にショックでした。その後妻のアキノ氏が大統領に就任しています。

 

« 笠原桃奈さん てっぺんおめでとう! | トップページ | 旅記事総集編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 笠原桃奈さん てっぺんおめでとう! | トップページ | 旅記事総集編 »